【日本代表】気だるく、悲し気な、でも効果抜群な「ゴール」のアナウンスに場内もザワつく!

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2018年11月16日

口にするのもちょっとためらう、でも言わないといけない

ベネズエラがPKで同点に追いつく。直後、かなりテンションの低い「ゴール」のアナウンスが流れた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 その瞬間、場内が少しだけ“ザワついた”。
 
 日本が1点リードで迎えた81分、ベネズエラがPKのチャンスを得ると、これをトマス・リンコンが決め、試合を振り出しに戻す。
 
 喜ぶベネズエラの選手たち。ほどなくして、「ゴール」のアナウンスが流れる。
 
 その声のトーンは、39分に酒井宏樹が鮮やかなボレーを叩き込んだ時と明らかに異なった。酒井のそれは、文字にすれば「ゴーーーール!!!!」というハイテンション。だが、ベネズエラの同点弾を知らせるそれは、逆の意味でインパクト大だった。
 
 気だるく、どこか悲し気で、口にするのもちょっとためらう、でも言わないといけない、できれば言いたくない、だから極力、棒読みで、といった風情の「……ゴール」だった。
 
 協会関係者に聞けば、スタジアムDJの“さじ加減”によって、そのテンションは変わるとのこと。これまではあまり気にならなかったアウェーチームの得点を告げるアナウンス。今回は、それなりに耳に残る、スタンドも思わずザワつくほどのトーンだったが、“アウェー感”を醸し出す意味では、かなり効果的だったのではないだろうか。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の女子サポーターたち!

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ