【日本代表】どうした、柴崎!? 低調な出来に終わったベネズエラ戦の前半に何があったのか

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2018年11月16日

パスミス散見、コントロールも乱れがち

ベネズエラ戦の前半、柴崎は本来の力を出し切れたとは言えず、ミスで流れを切る場面は少なくなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中島翔哉のFKを酒井宏樹がボレーで押し込んだ39分の先制点のシーンが象徴的だった。
 
 FKの際、ボールの近くには柴崎岳がいた。てっきり柴崎が蹴るものだと思っていたが、キッカーを務めたのは、少し遅れて走り寄ってきた中島だった。
 
 両者ともキックの上手さには定評がある。森保ジャパンではたしかに中島がセットプレーを任されることは多いが、件の場面では柴崎が蹴っても良さそうな気がしたのだが……。
 
 もっとも、ベネズエラ戦の前半、背番号7のパフォーマンスは低調を極めた。”らしくない”パスミスは、少なくとも3本はあった。スルーパスも通せず、競り合いで先にボールを触っても、コントロールをしくじってピンチを招く。
 
 パスを受ける時の的確なポジショニング、3列目から飛び出す精力的なフリーランニングなど、”さすが”と思わせるプレーはあったが、それ以上に厳しい内容が目についた。
 
 クラブでは思うように出場機会を得られていないのが原因か。後半の45分間で好転のきっかけを掴めればいいのだが……。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ
 
【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の女子サポーターたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ