キャプテン小林悠が明かしたJ1連覇の難しさ…それでも敵の川崎対策をかいくぐれたのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月11日

「やっぱり昨年よりも今年の方が難しかった」

キャプテンとして川崎をリードしてきた小林。表彰式ではキャプテンマークを付けてシャーレを掲げた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ32節]C大阪2-1川崎/11月10日/ヤンマー長居
 
 川崎が敵地でC大阪に敗れたものの、リーグ連覇を達成した。
 
 前節の柏戦で負傷したキャプテンの小林悠は、優勝の懸かった一戦を欠場。試合後に連覇の感想を問われたエースは、自身が出場できず、また試合に敗れたこともあり、「気持ち良くはないですけど…」と前置きしたが、「シーズンを通してのことなので、今日は負けたけど優勝できる、それくらい強かったと思いたいし、素直に喜びたい」と、笑顔で語った。
 
 表彰式では、C大阪戦のゲームキャプテンを務めた谷口彰悟からキャプテンマークを手渡されシャーレを掲げたが、「やっぱりキャプテンマークを付けてもらった時はウルッときた。シャーレは重みがあったし、すごく最高の気分だった」と、優勝の味を噛み締めた。
 
 そして、2連覇を達成したシーズンを振り返ったキャプテンは、「やっぱり昨年よりも今年の方が難しかったと思う。相手が対策を練ってくるなかで優勝できたことは本当に凄いことだと思う」と、王者に対する対戦相手の警戒も強まるなかでの優勝に胸を張る。
 
 そうした対戦相手の警戒網をかいくぐれた要因を小林は次のように語る。
「やっぱり鬼さん(鬼木監督)も含めて、志が違っていたと思うし、絶対に連覇するんだという気持ちを持ってシーズンをスタートして、最後までそれを貫けたことかなと思う」
 
 ただし、連覇を達成したとはいえ、満足感に浸っている様子はない。
「一回優勝して、次の年にまた優勝するのは本当に難しいと思うけど、できればこのまま続けていって、フロンターレの黄金期じゃないですけど、常勝軍団のようなチームを作っていきたい」
 
 来季はリーグ3連覇、そしてカップ戦のタイトルにも意欲を見せる。キャプテンの視線はさらなる高みを見据えている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ