「落とせないところで勝ててきた」"王者"の戦い方を身に付けた大島僚太の実感

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月10日

積み重ねが実った今回の連覇は、”常勝軍団”に近づいた証だろう

連覇を達成して喜ぶ大島。「ほっとした」気持ちもあったという。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ32節]C大阪 2-1 川崎/11月10日/ヤンマー

 川崎フロンターレが連覇を達成した。J1リーグ32節のセレッソ大阪戦に1-2で敗れたものの、他会場で2位のサンフレッチェ広島が勝点を伸ばせなかったために、優勝が決定。この試合でも先発した大島僚太は、戴冠の感想を聞かれて「嬉しさもありますけど、ほっとしている気持ちもあります。ただ、勝点でいえば去年より上回れないかなと思うので、それは残念です」と素直な心境を明かした。
 
 ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ今季は、例年以上の「難しさ」を感じていたようだ。とりわけ、首位に立って臨んだ29節の鹿島アントラーズ戦以降は「追われるというか、先に首位に立つことの大変さ」を痛感したという。
 
「首位を追いかける時はがむしゃらだと思いますが、首位に立った後にがむしゃらさをどれだけ出せるかが必要だと思いますし、守りに入ってはダメだと分かっていても、大胆さに欠けるとか、そういったのが今日の試合に出てしまったのかなと思いました」
 
 大島がそう語るように、勝てば無条件で優勝だった今節のC大阪戦を落としたのは反省材料だが、一方で川崎がシーズンを通して安定した力を発揮したのも事実だろう。「この試合は落とせないというところで勝ててきたという自覚もありますし、この試合は相手に勝点を与えないと心がけてやっていた時もありました」という大島の言葉が、今季の川崎のパフォーマンスを象徴している。
 
 強豪と言われるチームは、どんな形であれ、最終的に結果を残す。その積み重ねが実った今回の連覇は、川崎が”常勝軍団”と呼ばれる存在に一歩近づいた証と言えそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ