昨年は号泣も…今年は連覇に涙なしの中村憲剛「去年は15年分の想いが爆発したが…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月10日

敗戦直後に優勝決定を聞かされ「まだ気持ちの整理がつかないですけど」

初優勝を飾った昨年は思いが溢れた中村だったが、今年は終始笑顔が見られた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ32節]C大阪2-1川崎/11月10日/ヤンマー長居
 
 川崎フロンターレの闘将に涙はなかった。
 
 アウェーでのセレッソ大阪戦で、川崎は1-2の敗戦を喫したものの、2位のサンフレッチェ広島が敗れたため優勝が確定。リーグ2連覇を達成した。
 
 優勝後、フラッシュインタビューを受けた中村憲剛は、敗戦直後の優勝決定に「まだ気持ちの整理はつかないですけど…」と言葉を濁しながらも、「連覇というのは5チームしか成し遂げていない偉業でもあるし、それをJリーグ後発組の川崎が成し遂げられたのはここ数年、この1年の積み重ねの賜物だと思う」と、連覇達成を喜んだ。
 
 昨年、最終節にホームで劇的な初優勝を飾った際には、ピッチ上で人目もはばからずに号泣した中村だが、今年は敗戦もあってか、終始冷静な表情を崩さなかった。
「去年は、僕自身としては15年分の、チームとしては20何年分の想いが等々力で爆発したんですけど、今年は泣いていないということは、今シーズンを通して(チームが)成熟してきた、強くなってきたということでもあると思う」
 連覇を達成したシーズンをそう総括した中村。またひとつ勲章を増やしたものの、「次に目指すのは3連覇。カップ戦もまだひとつも獲れていないし、まだまだやることはいっぱいある」と、2連覇を通過点に、これからも貪欲にタイトルを狙っていくつもりだ。

【川崎フロンターレPHOTO】連覇達成に沸くサポ―ター特集!「あなたもどこかに?!」川崎ver.!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ