開幕から続いた連続無敗が15でストップしたドルトムント、ロイスは「初黒星に値した」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月07日

次戦の相手は王者バイエルン。

負けるべくして負けたというロイス。気持ちを切り替えて、週末のバイエルン戦では勝利を取り戻したい。(C)Getty Images

画像を見る

 開幕からの連続無敗記録は15試合で途切れた。香川真司が所属するドルトムントは、11月6日のチャンピオンズ・リーグ(CL)でアトレティコ・マドリーに敵地で0-2と敗れ、今シーズン初黒星を喫した。

 DFBポカールの2試合とブンデスリーガの10試合、そしてCLでの3試合で無敗を保ってきたドルトムント。前節でアトレティコを4-0と粉砕した彼らだが、敵地ワンダ・メトロポリターノではそのリベンジに遭う。前後半に1点ずつを許すと、攻撃陣も今シーズン2度目の無得点に終わって敗れている。

『ESPN』によるとマルコ・ロイスは、試合後に『DAZN』で「不要な敗戦だった」と述べた。

「最初の25~30分間はかなりのポゼッションで試合をコントロールしたが、失点後に支配力を失ってしまった」

「もちろん、アトレティコ相手に先制を許せば、いつだって厳しい。僕らのベストゲームではなかった。初黒星に値したね。今日の僕らは精神的にシャープじゃなかった。いまは力を取り戻さないと。次の試合は土曜(10日)だ」
 
 その土曜に行なわれるブンデスリーガでドルトムントが対戦するのは、王者バイエルンだ。マリオ・ゲッツェにとっては、古巣との一戦となる。

 ゲッツェは、「アトレティコ、バイエルンとの連戦という激しい1週間になることは分かっていた」と述べたうえで、「これまでやってきたことは大きく誇れる」と語り、初の敗北に引きずられてはいけないと意気込んだ。

「バイエルン戦が厳しい試合になることは分かっている。だけど、僕らは勝ちたい。リーグの順位表を考えればなおさらだ。楽しみにしている。僕らのホームだし、試合は土曜の18時30分キックオフ。完ぺきな舞台だ」

 勝点4差で追ってくるライバルをホームで迎え撃つドルトムントは、宿敵とのビッグマッチで白星を取り戻すことができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ