バルサの悩めるFWに待望の移籍後初ゴール! 敗戦濃厚のインテルを救ったのはエースのイカルディだった

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月07日

壁のごとく立ちはだかったハンダノビッチ。

インテル守護神ハンダノビッチの壁を突き破ったのは、81分に投入されたマウコム(14番)だった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月6日に開催されたチャンピオンズ・リーグ第4節、インテル対バルセロナの一戦は1-1のドロー。注目されたリオネル・メッシはベンチ外となり、復帰は次戦以降に持ち越しとなった。

 ボールポゼッションは35%と65%、シュート本数は2本と13本、パス本数は205本と393本。前者がインテルの、後者がバルサの前半を終えた時点でのデータだった。

 印象としてはデータほど一方的な展開ではなかったものの、インテルGKサミール・ハンダノビッチの立て続けのビッグセーブがなければ、アウェーチームに2点、あるいは3点が入っていてもおかしくなかった。
 
 後半もこの流れは変わらない。52分にはフィリッペ・コウチーニョが左足で強烈な一撃を撃ち込み、60分にはルイス・スアレスのパスを右サイドで受けたイバン・ラキティッチが、その3分後にはふたたびコウチーニョが今度は右足で狙う。

 いずれのシュートもしっかりと枠をとらえていたが、ここでもハンダノビッチが壁のごとく立ちはだかった。67分にウスマンヌ・デンベレが右から放った弾道を遮ったのも、このスロベニア出身の守護神だった。

 だが83分、そのハンダノビッチの牙城がついに崩れる。81分にデンベレに代わってピッチに立ったマウコムが右サイドから持ち込んで得意の左足を一閃。独特のタイミングで放たれたシュートは、ゴールネットに力強く突き刺さった。

 4人の新戦力の中ではもっとも出場機会が少なく、1月の移籍の噂も浮上していたマウコムの一撃で待望の1点をもぎ取ったバルサ。キックオフ直後からの流れで判断するなら、このまま彼らが逃げ切るという結末がもっともふさわしかったが、しかし、インテルも最後に意地を見せた。

 87分、それまではどちらかと言えばポストプレーなどでつなぎ役にまわることが多く、前節から通してバルサ・ゴールを脅かすシーンがあまりなかったエースのマウロ・イカルディが、ゴール前で粘って振り向きざまのシュートを放つ。これがマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの股間を破った。

 試合はこのまま1-1でフィニッシュ。バルサはポイントを10に伸ばし首位をキープ。7シーズンぶりにチャンピオンズ・リーグを戦うインテルも3ポイント差の2位につけ、グループステージ突破に望みをつないだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ