【柏】「本当に申し訳ない」サポーターからの痛烈ブーイングに加藤監督が会見で語ったのは…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年11月03日

新システムで臨むも川崎に主導権を握られる

川崎戦に新たなシステムで臨んだ加藤監督。しかし結果を残すことはできなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ31節]川崎3-0柏/11月3日/等々力
 
 0-3の完敗。試合後にはゴール裏のサポーターから加藤望監督らに対する厳しいブーイングが起こった。
 
 憔悴した表情で試合後の会見に臨んだ指揮官は、こう切り出した。
 
「フロンターレさんの攻撃に対して、しっかり守備をしてと考えていました。システムも変えてボールにしっかりプレッシャーをかけようと考えていました。ただ前半に失点してしまい、プレッシャーが中途半端になってしまったところもありました。大事なゲームで多くの方が応援してくれたのにもかかわらず、本当に申し訳ないです」
 
 この日の柏はここ2週間で準備してきたという5-3-2(3-5-2とも見て取れるがウイングバックが低い位置でプレーする)で臨んだが、攻守にちぐはぐさが目立ち、川崎に主導権を握られた。
 
 新たなシステムに関して加藤監督は「基本的な考え方としてはシステムありきではなくて、選手の力の組み合わせだと思っています。相手との兼ね合いもあるなかで、今回は後ろを3枚にして臨みました。それは今後も3枚でやるということではなくて、4枚ももちろんやります」と説明する。
 
 続けて「負けたわけですし、失点もしましたし、点も取れなかったので、上手くいかなかった部分もあります。ただそのなかでトライしていく。練習でやったことは3枚だろうが4枚だろうが、身になることだと思います」と語ったが、新システムが機能したとは言い難かった。

 順位は自動降格圏の17位のまま。リーグ戦は残り3試合だが、16位の鳥栖、15位の名古屋が消化試合をひとつ多く残している点も厳しい。
 
 今後に向けて「1試合1試合、目の前の試合を戦うしかないと思います」と語った加藤監督はチームをどう立て直すのか。降格を回避するための時間は限られている。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24