【岩本輝雄】トーレスが“残留の救世主”になるためには、いくつかのアレンジが必要だ

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2018年11月02日

2トップの相棒は豊田がベスト?

ここまでリーグ戦では13試合でわずか2得点と、期待に応えているとは言えない。でも“使われ方”さえ修正すれば……。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 トーレスはJ1残留の救世主になれるのか。
 
 現状のままでは、正直に言って、厳しいと思う。それはトーレス自身の問題ではなく、その“使われ方”にある。
 
 前節のベガルタ戦も現地で見たけど、トーレスがロングボールのターゲットになっているのは、どうかと思う。しかも、2トップでコンビを組む金崎は少し離れているから、ほぼ1トップ状態。もちろん、トーレスは相手に競り勝つし、ボールも収められるけど、そこからいかにシュートに持ち込むかが、今のサガンでは見えてこない。結果、トーレスも思うようにフィニッシュに絡めないでいる。
 
 なかなか結果を出せず、下位に沈むチームがこの時期になれば、長いボールを使ってなんとかしようとするのはよく分かる。無理に中盤でつないでいって、そこで引っ掛けられてカウンターを食らうリスクは避けたいからね。
 
 ロングボールを使うなら、トーレスではなく、豊田をターゲットにするのはどうか。つまり、2トップはトーレスと豊田の組み合わせを提案したい。豊田がすらしたボールをトーレスが受けて、シュート。裏に抜け出すセンスに長けたトーレスと、エアバトルでは抜群の強さを誇る豊田はベストマッチだと思うんだけどね。
 
 豊田が最前線で敵の最終ラインを下げさせれば、バイタルエリアにスペースができて、そこにトーレスが入ってくれば、それはそれで脅威を与えられると思うよ。
 
【関連記事】
「サンガ鳥栖のルナルド・トーレス」「ウスモートラ」“ミスター・プロレス”天龍源一郎がJリーグ実況企画で名言連発!
「残留したいから――」トーレスが考えるチームの現状と浮上するための戦い方
イニエスタやF・トーレスなどスター揃い!「1984年生まれ」のベスト11を紹介!
鳥栖が取り戻した「純粋な競争」。監督交代で選手の士気も回復
【岩本輝雄】好調フロンターレの“リーグ最少失点”の秘密を3つのポイントで探る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ