「5万大観衆でも彼らは動じない」AFC公式が“運命の一戦”に臨むU-19日本代表を特集!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月28日

「大会史上最多の動員を記録するだろう」

圧倒的な攻撃力を示し、グループリーグは3戦全勝。W杯出場へ、影山ジャパンに死角はない! 写真:佐藤博之

画像を見る

 現地時間10月28日、U-19日本代表は運命の大一番を戦う。インドネシアで開催中のU-19アジア選手権、その準々決勝でホストカントリーと対峙。勝ったほうが来夏にポーランドで行なわれるU-20ワールドカップの出場権を得るのだ。
 
 試合当日は少なくとも5万の大観衆が押し寄せるだろうと、AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトが予測。そうしたシチュエーションを踏まえて、大々的なマッチプレビューを掲載している。強調しているのは、前大会覇者である日本の総合力の高さだ。
 
「おそらく日本対インドネシアの一戦で、U-19アジア選手権の観客動員レコードが更新されるだろう。およそ5万人のファンが母国の代表チームを応援するために駆け付けるはずで、異様なムードに包まれるはずだ。とはいえ、日本の選手たちは動じない。彼らには圧倒的な内容で(グループリーグを)3連勝した自負がある。それは確固たる自信だ」
 
 そのなかで、影山雅永監督のコメントも紹介。指揮官は前日会見で「スタジアムは7万5000の収容だと聞いています。ならば5万は十分じゃないですね」と話して報道陣を笑わせ、「日本の選手にはすでにJリーグで4万や5万の観衆の前でプレーしている選手もいます。ただ完全アウェーのこの状況下で、この規模のスタジアムで戦うのは初めて。いつか国際的な選手へと成長を遂げるためには、とても貴重な経験になるでしょう」と続けた。

 
 日本とインドネシアは今年3月にテストマッチで対戦し、その際は日本が4-1で快勝を収めた。だが影山監督は警戒を強める。「あの時よりもいまのチーム(インドネシア)は自信を蓄えていると思いますし、勢いがある。あともうひとつの大きな違いは、あの試合にはいなかった監督の存在です」と話した。
 
 インドネシアはグループリーグを2勝1敗で終え、かろうじて2位通過を果たした。第2戦のカタール戦は1-6という絶望的な試合展開から怒涛の反撃を試み、最後は1点差にまで詰め寄る粘りを見せた。そして勝利しか許されなかった第3戦では、格上のUAEを見事1-0で下して凱歌を上げた。チームを闘う集団へと育て上げたのが、インドラ・ジャフリ監督である。
【関連記事】
「至高の一撃!」「日本を覚醒させた」久保建英の超絶ゴラッソを海外メディアが激賞!
「日本のハイパフォーマンスを象徴」AFC公式がU-19代表、宮代大聖を“必見8人”に選出!
「キャプテン翼も誇りに思うだろう!」 U-19日本代表の選手層の厚さ、有能さを海外メディアが絶賛!
「次勝たないと意味がない」U-19日本、笑顔なき5発圧勝! 勝負の準々決勝へ
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ