「プレミアでも十分通用する。でも…」“人気銘柄”堂安律の近未来を英国人記者はどう見ている?

カテゴリ:海外日本人

マイケル・プラストウ

2018年10月28日

パク・チソンは最高のロールモデル

早くも森保ジャパンでの立ち位置を盤石なものとしつつある堂安。はたして早急なステップアップ移籍は実現するのか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表の若きアタッカー、堂安律に対して、マンチェスター・シティやアトレティコ・マドリー、さらにはユベントスといった名門クラブが関心を寄せているという。確かなクオリティーを持つ選手だから注目を集めるのは当然だが、彼はまだ20歳だ! 冷静に受け止める必要があるだろう。
 
 堂安にとっても日本のサポーターにとっても、噂の域を出ないとはいえ、嬉しいニュースなのは間違いない。欧州で高い評価を得ているからこその報道であり、私自身もそれに値する選手だと思う。一方で、現実的な話をすれば、彼はまだプロ選手としての入り口に立ったばかり。本格的に成長を遂げていくのはまさにこれからで、いまはこの「成長」というキーワードを最優先に考えなければならない時期だ。
 
 最高のロールモデルがある。マンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグを4度制した元韓国代表、パク・チソンだ。彼は堂安と同じ20歳の頃、まだ京都パープルサンガの一員だった。21歳の時に日韓ワールドカップでブレイクし、オランダのPSVアイントホーフェンに入団したのは22歳の誕生日直前。ユナイテッドに活躍の場を移したのは、ちょうど脂が乗り始めた24歳だった。
 
 24歳だと、十分にレギュラーを張れる年齢だ。換言すれば、ユナイテッドはパク・チソンをレギュラー候補として獲得した。では翻って、マンチェスター・シティなどはどこに主眼を置いて20歳の堂安を手に入れようというのか。よく吟味しなければならない。

 
 確かに世界的に見ても、20歳は若すぎる年齢ではない。シティにはブラジル代表の21歳、ガブリエウ・ジェズスがいる。19歳でフル代表デビューを飾り、20歳でシティに移籍した。堂安にとってはポジティブに捉えられる前例だろう。ほかにもイングランドの若きホープ、フィル・フォッデンが伸び盛りだ。18歳ながら少しずつシティで出場機会を得ている。
 
 とはいえこうしたケースは稀で、若手にとってはかなり狭き門だ。プレミアリーグではパク・チソンのケースが圧倒的にノーマルで、参考にすべきは彼のキャリアプランだろう。
【関連記事】
堂安律をして「ただ癖が強すぎます」と言わしめる欧州組の“先輩”って?
最新版「日本人フットボーラー推定市場価格」トップ100! 移籍市場を賑わす中島、堂安の評価額は?
「速いから押し上げが大変!」新主将・吉田麻也も中島&堂安の両翼に驚きを隠せず
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
日本対ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」をご紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ