大躍進のキーワードは「一体感」。J2優勝を狙う町田がピッチ外で実践してきた活動って?

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2018年10月27日

クラブのトップパートナーである玉川大学が展開する「TAP」とは?

J1クラブライセンスを保持しないため、今季のJ1昇格は不可能な町田だが、J2優勝も狙える位置に躍進を遂げている。写真:徳原隆元

画像を見る

 敵地で戦った10月17日のレノファ山口FC戦。76分に杉森考起の決勝ゴールが決まると、ベンチから控え選手たちも飛び出し、約5か月ぶりにゴールを決めた杉森を中心に歓喜の輪ができた。喜びに湧く町田イレブン。まさにチームの一体感を象徴するワンシーンだった。
 
 チーム在籍年数8年目のディフェンスリーダー・深津康太は、常々チームのストロングポイントをこう語っている。
「チームが同じベクトルを向いて戦えることがウチの強みだと思う」
 
 J2最小クラスの予算規模である町田が、J2優勝も狙える順位(3位)に位置している原動力のひとつに「一体感」があるのは間違いないが、そうした一体感を醸成する活動を、町田はピッチ外で実践している。その活動がクラブのトップパートナーのひとつである玉川大学が展開する『TAP(Tamagawa Adventure Program)』だ。
 
 TAPとは2000年から本格始動したアドベンチャー教育の哲学・手法と、玉川学園の全人教育とを統合した体験学習プログラムのこと。活動の目的は多岐に渡るが、チームスポーツに欠かせないチームワーク構築に寄与したプログラムもあるため、町田は第二次相馬体制が発足した2015年からチームビルディングに生かす目的で、TAPを定期的にチームの活動に取り入れてきた。例えば一昨年は3回、昨年は1回、今年はすでに3回と、近々では8月上旬に実施している。
 
 TAPが示唆するグループワークにおける重要なポイントのひとつは、他者との相互理解。TAPのアクティビティーの中には、他者を信頼し切っていなければ実践できないアクティビティーもある。
 
 例えば二人一組のそれでは、目隠しをした一人が、ペアを組んだパートナーの声だけを頼りに目的地までたどり着かなければならないアクティビティーがある。地面には障害物が敷かれており、それに触れてしまえば、アクティビティーはそこで終了。このアクティビティーは“スイカ割り”のイメージに近いが、目に見えない障害物を避けながら、自分を目的地に導いてくれる他者を信頼しなければ、決して目的地にたどり着くことはできない。これは互いの信頼感が肝となるアクティビティーと言えそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ