鹿島がシーソーゲームを制し、ACL初の決勝進出!! 西が同点弾、セルジーニョが逆転弾!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月24日

終盤の82分にセルジーニョが決勝点

2戦合計で同点となるゴールを挙げた西。(C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10月24日、準決勝の水原三星対鹿島アントラーズの第2戦が水原ワールドカップスタジアムで行なわれ、鹿島が2戦合計6対5として勝利を収め決勝進出を決めた。

 ホームでの第1戦を3対2で制した鹿島は、勝利はもちろん、引き分けでも決勝進出が決まる。ただし、DF内田篤人やMF遠藤康、中村充孝らを負傷で欠く苦しい布陣となった。

 試合は序盤から激しい攻防が繰り広げられたが、徐々に攻撃のリズムを掴んでいった鹿島は25分、敵陣左サイドでFKを獲得。セルジーニョが左足でインスイングのクロスを入れると、これを山本脩斗が頭で合わせ、ネットを揺らす。鹿島が先制に成功した。

 鹿島の先制後、水原の球際での守備も激しさを増すが、確実に凌ぎ、前半は鹿島が1点リードで終了。この時点で2戦合計4-2で鹿島が2点のリードを奪う。

 しかし後半、水原が怒涛の反撃を見せる。52分、ヨム・ギフンのヘディングシュートのこぼれ球をイム・サンヒョプが押し込み1点差に。さらに53分には左CKからチョ・ソンジンが昌子源との競り合いを制してヘディングシュートを叩き込む。水原が2分間で逆転に成功する。この時点で2戦合計4-4となり、水原がアウェーゴールの差でリードを奪う。

 水原の勢いは止まらない。60分、チャン・ホイクからのスルーパスに反応したダムヤノビッチがペナルティエリア内に侵入。マークについた昌子を振り切って右足のシュートを決め3-1とする。2戦合計でも水原が5-4とリードする。

 しかし、押せ押せムードとなった水原に対し、鹿島はすぐさま反撃。64分、左からのクロスをセルジーニョが頭で後方に送ると、ボールを受けた西大伍が落ち着いてゴール左に決める。2戦合計で5-5の同点とする。

 その後、試合は一進一退の展開を見せるが、終盤ついに勝負を決するゴールが生まれる。82分、鹿島は右サイドからのスローインを起点に、鈴木優磨を経由したボールをセルジーニョが右足で押し込んだ。鹿島が2戦合計6-5とリード。アウェーゴール数でも上回った鹿島が優位に立つ。

 結局、試合は3対3でタイムアップ。2戦合計6対5とした鹿島が勝利を収め、ACL初の決勝進出を決めた。
【関連記事】
天皇杯で下剋上!J2山形がJ1首位の川崎を下してベスト4へ。浦和も4強入り
「山本しゅうとのヘディングシュートオオオオ!」「スンテが絡んだだけでブー」ACL鹿島の先制に、敵地の雰囲気に反響続々!
「マジで汚い」「本当に最低」鹿島サポーターが天津権健のラフプレーに怒り心頭!
「アジアの審判まじで無理」「頭突きと蹴りはレッドでは?」ACL準決勝、鹿島・水原サポから審判への不満が噴出
プレミア新記録樹立のエジルに訪れた、ある少年との悲しい別れ…「君が恋しくなるよ、チャーリー」
【ACL速報】鹿島、決勝進出へ貴重な先制点!! 前半を終えて山本脩斗のゴールで1点リード

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ