「マジで汚い」「本当に最低」鹿島サポーターが天津権健のラフプレーに怒り心頭!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月19日

「負けが決まった途端に」ひどくなったという指摘も

前半16分、ヤンシュと犬飼が空中戦の競り合った際、犬飼にひじが当たってしまい、イエローカードが出される。この試合での天津権健への警告は計5枚、鹿島には4枚だった。 (C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は9月18日、鹿島アントラーズ対天津権健(中国)の準々決勝第2戦がマカオの澳門奧林匹克体育中心運動場(エスタディオ・ド・マカオ)で行なわれ、鹿島が3対0で勝利し2戦合計5対0として、準決勝に駒を進めた。

 鹿島が念願のベスト4に進んだことにファンは喜んでいるが、一方で、後半になるにつれて荒くなる天津権健のプレーには非難が集中している。

 85分、鹿島の土居聖真の膝に天津権健ワンジエのスパイクがめり込んだプレーは、警告のみで済まされた。土居は立ち上がるも、試合終了まで、何度も膝の痛みに立ち止まり、まともにプレーすることができなかった。

 また、後半アディショナルタイムには安部裕葵が激しい接触で倒され、しばらく立ち上がれなくなった。

 こうした天津権健のプレーに、鹿島サポーター、そして試合を見ていたサッカーファンから非難の声が上がっている。

「本当に最低のプレーでした!ラフプレーにはしっかりレッド出して欲しい」
「天津ラフプレー多すぎ。土居選手、安部選手大丈夫かな?」
「そして、中国のチームはマジで汚い。ラフプレーが多すぎる。見てて嫌な気分になるよね」
「相手の天津のラフプレーは大問題 レオ・シルバのイエロー取り消しも含めてAFC(アジア・サッカー連盟)に抗議していいレベル」
「こんなラフプレー続けるなら試合終了してよいますぐ」
「勝ったのはいいけどラフプレーあるから、アジアの試合は嫌なんだよ。カンフーサッカーあからさまじゃねーか」
「なんなんだ、こいつら。 これでもイエロー。 なんでもアリだな」

 レオ・シルバへの不可解な警告など、審判の公平性に疑問を呈する声もあった。土居や安部の怪我について、鹿島からの公式発表はまだない。
【関連記事】
「圧倒的な力量差を示した!」初のアジア4強を決めた鹿島を海外メディアが絶賛!
「頂点が少しだけ見えてきた!!」鹿島念願のACL4強でサポーターは喜びつつも試合内容に……
なぜプロビンチャの鹿島がタイトル数で独走するのか? 戦力強化の「勝ち組と負け組」
【黄金世代】第3回・小笠原満男「栄光の16冠、究極のアントラーズ愛」(♯4)
「天津に引導を渡したのは遠藤康と内田篤人だ」 AFC公式サイトが鹿島のキーマンコンビを称賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ