本田圭佑、Aリーグ・デビュー戦でヘッド弾炸裂! キャプテンが先制点をもたらす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月20日

判断の良い飛び出しで早くも結果を残す

いきなり結果を出した本田。左サイドで全体のバランスを見たプレーを心掛けていたが、得点の場面では判断良くゴール前に飛び出して歓喜の瞬間を迎えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 オーストラリアのトップリーグ「Aリーグ」の14回目のシーズンが開幕し、10月20日にメルボルンではビクトリーとシティによるダービーマッチが行なわれ、この試合がデビュー戦となった本田圭佑がいきなりゴールを決め、チームに先制点をもたらしている。

 右サイドでプレーしていた彼は、28分、この試合で初めて前を向いてドリブルを開始。右サイドの味方にボールを預けてゴール前に走り込むと、ルクスからのクロスを頭で合わせてゴールネットを揺らしたのだ。

 今夏、ビクトリーに加入した本田は、年俸制限のないマーキープレーヤーであり、「クラブ史上最大の契約」と報じられるなど、大きな注目を集めていたが、キャプテンマークを左腕に巻き、先頭でデビュー戦のピッチに登場した元日本代表は、早くもその期待に応えることとなった。

 昨シーズン、リーグ戦は4位に終わるも、プレーオフで優勝を飾ったビクトリーが、5万6千人収容の「マーベル・スタジアム」に、ライバルのシティ(こちらはリーグ戦3位もプレーオフでは準決勝敗退)を迎えた一戦は、その後、37分にフォルナロリが倒され、アウェーチームがVARの末にPKを獲得。べレンガーのシュートは防がれるも、キャプテンのデ・レートが詰めて同点とし、前半を終えている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ