【J1採点&寸評】仙台1-1浦和|両チームの守備陣が奮闘!猛攻をしのいだ仙台CBをMOMに

カテゴリ:Jリーグ

板垣晴朗

2018年10月07日

仙台――「練習通り」のセットプレーで板倉が同点弾

【警告】仙台=阿部(13分) 浦和=青木(23分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大岩一貴(仙台)

画像を見る

 [J1リーグ29節]仙台1-1浦和/10月7日(日)/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
立ち上がりは相手に押されて何とかしのぎ、反撃を始めたところで裏を突かれ失点。しかしここで崩れずに1-1に持ち込むと、ハーフタイムで立ち位置を修正。だが攻勢時に2点目を取れず、終盤に失速した。
 
【仙台|採点・寸評】 
GK
1 シュミット・ダニエル 6
失点場面は守備陣の支援が足りなかったこともあったが、リーチの長さを生かせず頭上を越えられた。しかしその後に立て直し、特に終盤は決定機でのシュートストップを見せた。
 
DF
13 平岡康裕 

同サイドの相手とのハイボール勝負では気迫の守備を見せた。終盤の劣勢でも気が利いたカバーリングを見せて、2点目を取らせず。
 
27 大岩一貴 6.5
MAN OF THE MATCH

入れ替わり立ち替わりゴール正面に押し寄せる浦和の攻撃陣に対して、力強く対応。押される流れの中でも、相手にいい体勢でシュートを打たせないよう身体を寄せた。
 
6 板倉 滉 6.5
同サイドのカバーができなかった失点場面は減点材料だが、「練習通り」というセットプレーで絶妙なコースにヘディングシュート。同点弾で取り返した。
 
MF
34 椎橋慧也 5.5
アンカーのポジションで先発出場。前半はボールを受けてもなかなか展開できず、リズムを崩した。しかし修正した後半は、うまくボールを動かせる場面が増えた。
 
10 梁勇基 6(69分OUT)
攻めては相手の飛びこみにくい場所に走りこみ、守っては広範囲をカバー。献身的なプレーで、優勢時も劣勢時もチームを支えていた。
 
4 蜂須賀孝治 5.5
同サイドの宇賀神と激しいバトルを繰り広げていた。クロスに対して飛びこむなどゴールにつながる仕事を狙っていたが、この日は結果を出せず。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ