初采配で見えた神戸のリージョ・スタイル。狙いはイニエスタの芸術ヒールも引き出した“リズム”

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2018年10月07日

イニエスタが投入され“方向性”はより明確になった

長崎戦でイニエスタが繰り出した華麗なヒールパス。このプレーに至る一連の流れがリージョ監督の狙いとするサッカーだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 5連敗のうえに、ここ2試合は浦和に0−4、鹿島に0−5と大敗続きの神戸は、この長崎戦からフアン・マヌエル・リージョ監督が正式に指揮を執ることになった。リージョ監督と言えば、マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督に影響を与えた人物として知られる戦術家。長崎の高木琢也監督も「正直、どういう形でくるのか、メンバーはどうか、掴みづらいところがあった」と警戒していた。
 
「ふたを開けると、本来(外に)張っている古橋(亨梧)や郷家(友太)がインサイドに入って、かなり近い位置でプレーする。(ルーカス)ポドルスキはフリーマンで、三田(啓貴)はちょっとアウトサイドにDFを引き出してタテを狙うシーンを作る。今までの神戸にはなかった形をやってきた」
 
 この日の神戸のシステムは4−4−2。中盤はダイヤモンド形で、底に藤田直之、右に郷家、左に三田、トップ下にポドルスキ。2トップは長身のウェリントンとスピードのある古橋を組み合わせた。
 
 試合序盤、長崎はその変化に対応しきれず、神戸が主導権を握った。だが、それは単にシステムを変えたから起きた現象ではなく、明らかに神戸のリズムが速くなったから起こったものである。リージョ監督の言葉を借りるなら「私たち自身でボールを回す、ボールを奪い返すリズムを非常に高く上げた。それによってチャンスもたくさん作れた」となる。
 
 別の言い方をすれば、保持率を気にし過ぎたポゼッションサッカーから、結果的に保持率が高くなるアクションサッカーへ。奪われてもすぐに奪い返すことで相手陣内に押し込む時間を長くし、常に相手にプレッシャーをかけた状態でポゼッションを高めるスタイル。バルセロナやマンチェスター・シティなどで見られるスタイルと言い換えてもいい。つまり、今までとは、アプローチの仕方が大きく変わったと言える。
 
 59分にアンドレス・イニエスタが投入されてからは、その方向性はより明確になった。69分のプレーはその象徴的な場面だ。
 
 ショートコーナーで一度はボールを失ったが、すぐに藤田が奪いに行き、素早いスローインのリスタートから最後はイニエスタがリフレクションを拾って藤田へ芸術的なヒールキックをみせたシーン。奪い返し、速く攻めるというリージョ監督の考えが垣間見られたシーンと言えるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ