低迷ガンバを救うのはやはりこの男!“ナンバー10”倉田秋に懸かる逆襲への期待

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月16日

前節まで3得点・3アシストと物足りない出来だったが

神戸戦ではトップ下と左サイドハーフを務めた倉田。1得点・1アシストで逆転勝利の立役者に。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]神戸1-2G大阪/9月15日/ノエビアスタジアム神戸

「たまにはこんな日がないと、というか。遅すぎる、というか。毎試合1得点・1アシストくらいは活躍しないと、今のガンバを引っ張っているとは言えないので、やっと貢献できたと思います」
 
 ガンバ大阪の倉田秋は、ヴィッセル神戸戦で1得点・1アシスト。逆転勝利の立役者となった。
 
 とりわけ後半のパフォーマンスは圧巻だ。0-1で迎えた52分にオ・ジェソクの高速クロスを右足で合わせて同点ゴールを奪うと、68分には得意のドリブルでエリア内に切り込み、ファン・ウィジョの決勝弾をお膳立て。まさに背番号10に相応しい活躍だった。

 今季はここまで、なかなか目立った仕事ができずにいた。前節まで23試合に出場して3得点・3アシスト。昨年は8得点・4アシストで日本代表にも選出されていただけに、物足りない出来だ。
 
 攻撃のリズムを生み出す倉田が不調であれば、やはりチームも不振に喘いだ。26節を終えて自動降格圏の17位に低迷しているのは、J2降格の憂き目にあった2012年以来だ。

 いまだに予断の許さない状況には違いないが、前節の川崎戦(2-0)に続き2連勝。チームは9月に入ってようやく調子を取り戻しつつある。
 
「苦しい試合で誰かが活躍しないと、とずっと思っていたけど、これまでできていなかった。今日できて良かったです。ちょっとは気分が晴れました」
 
 神戸戦の倉田の活躍が、チームを勢いづかせるかもしれない。リーグ戦は残り8試合。逆襲は十分に可能だ。ついに本来の輝きを取り戻した倉田に期待されるのは、このハイパフォーマンスの継続だろう。
 
 関西の雄を牽引する背番号10は「もうすでに次の試合に向かっている。次はこれ以上の活躍をできるように準備したいですね」と意気込んでいる。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

【神戸1-2G大阪 PHOTO】白熱の関西ダービーは、後半猛追のG大阪に軍配!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ