中村憲剛も賞賛!“川崎アカデミーの星”田中碧がプロデビュー戦で示した輝きと覚悟

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年09月16日

GKの弾いたボールに反応し――

堂々のプロデビューを飾った2年目の田中(写真中央)。試合後には小林(写真右)、谷口(写真左)らとともにサポーターに挨拶した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]川崎7-0札幌/9月15日/等々力
 
 7-0と川崎が札幌に大勝したゲームで、最後にスタジアムを沸かせたのはプロ2年目のボランチ、田中碧だった。
 
 小学校時代からクラブの下部組織で育ち、ユース時代には10番も背負った生粋の“川崎っ子”は、札幌戦の84分に遂にプロデビューを果たした。
 
 出場直後にチームが加点し、スコアは6-0。「相手のシャドーに大きい選手がいたので、セカンドボールと、そこにボールを入れさせないようにしました。攻撃ではカウンターの際にスペースと時間があったので、攻め上がって点を取ろうと意識しました」と振り返った田中は、すぐさまシュートを放つなど積極的なプレーを見せた。
 
 すると後半アディショナルタイムにビッグチャンスが訪れる。FW知念慶が放ったシュートを札幌のGKが弾き、そこに詰めたのが田中だった。
 
「来たボールを抑えて思い切り打ちました。それだけでした」
 
 シュートはGKのセーブを弾き、ゴールへと吸い込まれる。嬉しいプロ初出場での初ゴールだった。試合後にはサポーターと喜びをともにした田中は、ミックスゾーンでは実直さがよく分かる言葉を口にした。
 
「(喜びを伝えたいのは)両親であり、サポーターの方であり、試合に出られない時に練習に付き合ってくれたコーチの方々です。いろんな人たちのお陰で取れたゴールだと思っています」
 
 そんな田中に対して、中村憲剛も「ただただ凄いなと。“持って”いますよね」と賛辞を送った。

【川崎 7-0 札幌 PHOTO】川崎がホーム等々力で7発大勝!

【川崎フロンターレPHOTO】大量得点で勝利した選手たちの「笑顔」をお届け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ