逆転優勝に望みをつなぐ7人のゴールラッシュ! 川崎が7-0で大勝し、首位・ 広島との勝点差は「6」に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月15日

前半で3点の川崎が、勢い衰えぬままに大差で勝ち切る

自ら2点目も決め、試合後は圧勝に満足した様子の中村。中盤の底で攻撃のリズムを作り、家長とのコンビネーションも光った。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 [J1リーグ26節] 川崎7-0札幌/9月15日(土)/等々力陸上競技場

 お互いにどうしても勝ちが欲しいゲームだった。

 同日の試合で、首位のサンフレッチェ広島がサガン鳥栖に敗北。勝点差9で2位につける川崎は、逆転優勝を目指すために、絶対に負けられない一戦となった。

 一方の札幌は5試合負けなし、3連勝中と絶好調。現在4位につけており、少しでも勝点を稼ぎ、ACL圏内に食い込む望みをつなげたいところだった。

 大一番で先制したのは川崎だった。28分、中村から右の家長へ。パスを受けた家長がペナルティエリア右から右足を振り抜く。これはGKク・ソンユンに弾かれたが、再び家長がこぼれ球を拾い、今度は左足でふわりと浮かせてサイドネットを揺らした。

 勢いづいた川崎は直後の30分、家長が奪ったボールを小林につなぎ、ペナルティエリアの右へ。小林は中央のスペースにラストパスを送ると、走り込んできた中村がダイレクトで合わせて2-0。40分には小林が放ったシュートがGKに弾き返されるが、こぼれ球を今度は阿部が押し込み、3-0とリードを広げた。

 札幌はチャナティップのシュートなど3度の決定機を決め切れず、苦しい前半となった。

リーグ戦初出場の田中ら、7人が7ゴールを決めるという完勝を飾った川崎。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 後半、どうにか流れを変えたい札幌は2枚替え。キム・ミンテに替えて石川、宮澤に替えてジェイを投入。47分、都倉が右サイドの敵陣中央から縦にドリブルを仕掛ける。フォローに来た早坂がつなぐが、シュートには結びつかなかった。

 54分、負傷明けの大島が登里と交代したが、川崎の勢いは衰えない。57分には今シーズン初出場の下田、58分には小林と立て続けにゴールを決めて5-0に。小林はこれで12ゴールとなり、都倉とD・オリヴェイラを抜いて得点ランク3位に浮上した。
 
 札幌は61分、深井に替えて小野を投入。中盤の底から攻撃を組み立て、都倉やジェイが果敢に攻め込むが、川崎の守備の網にかかり、フィニッシュまでもっていけない。

 86分には家長のパスから途中出場の知念、90+1分にはリーグ戦デビューの田中が決め、川崎が7-0と完勝を飾った。

 札幌は調整不足も響いてか、後半に足が止まってしまい、悔しい敗戦となった。

 川崎は次節、名古屋と対戦。広島との差をさらに縮めるため、いい流れで勝ち切りたいところだ。札幌はホームで鹿島と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ