日本代表の注目タレント!19歳の”規格外CB“冨安健洋の威圧感が尋常じゃない

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月10日

最年少ながら堂々とした風格を感じさせた理由は

今回のメンバーでは最年少。それでも堂々した風格に大物感が漂う。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保ジャパンの初陣メンバーの中で、ある意味目立つ存在だ。
 
 森保一体制での活動7日目となった9月9日。同7日のチリ戦は、前日の北海道地震による影響で中止となったが、11日の初陣コスタリカ戦に向けて、日本代表は調整を進めていた。
 
 9日の大阪府内で行なわれたトレーニングでは冒頭の15分が公開された。そこで際立っていたのが、19歳のCB冨安健洋のサイズ感だ。
 
 冨安の身長は、森保監督が今回招集したメンバー中、フィールドプレーヤーでは最高の188㌢。G大阪の三浦弦太(183㌢)、セルクル・ブルージュの植田直通(186㌢)でも及ばない。さらにこの日は、C大阪の杉本健勇(187㌢)が負傷離脱したせいもあってか、冨安の大柄な体躯は突出しているように見えた。30㍍以上離れた報道スペースからでも、うっすらと威圧感をうかがわせるほどだった。
 
 ただし威圧感を生み出している要因は、おそらく長身のせいだけではないだろう。最年少ながら堂々とした風格を感じさせた理由は、いわゆる自信ではないだろうか。
 
 今年1月に中学時代から育った福岡から海を渡り、ベルギーのシント=トロイデンに移籍。初年度は初出場まで約4か月を要したが、今季は開幕戦からリーグ5試合連続フル出場と定位置を掴んでいる。海外で出番を得られた自負が、少なからず、そのサイズ感を誇張しているように思える。

 かねてから海外への移籍願望が強かった冨安にとっては、ベルギーでの経験は貴重なものだろう。なにより、日本とは違うサッカーを肌で感じられた点は大きい。
 
「日本もベルギーも、縦パスを狙うのは当然なんですけど、どちらかというとベルギーのほうが縦パスの距離が長いんです。ボールを受けてからあまり運ばずに、遠くの選手に目掛けて出す。とにかく求められるのは、テンポ。だからこそクラブの監督からも『強いボールを蹴れるようになれ』と言われています。強いボールじゃないとFWまでにカットされる可能性がありますから。そういったところは、日本との違いかなと」
【関連記事】
【日本代表】コスタリカ戦のスタメン争いは熾烈に!チリ戦に代わる紅白戦でアピールしたのは?
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
「日本は誇りと哲学を放棄した」韓国紙がアジア大会決勝の森保ジャパンをバッサリ!
堂安律は“ガンバブルー”でなく“サムライブルー”で大阪凱旋!代表デビューへ準備万端!?
日本代表の伊藤達哉が大坂なおみを称賛!同世代の“世界女王”に刺激を受けた部分は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ