「日本は誇りと哲学を放棄した」韓国紙がアジア大会決勝の森保ジャパンをバッサリ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月02日

「両国の信念の違いが明暗を分けた」とも

日本は立田(20番)を中心とした守備戦術を見事にハメ込んでいたが……惜しくも延長戦で力尽きた。写真:早草紀子

画像を見る

 土曜日に行なわれたアジア大会決勝。1-2で宿敵の軍門に下った若き森保ジャパンの戦いぶりについて、辛辣な批評を展開したのが韓国全国スポーツ紙『スポーツソウル』だ。日本の守備的なゲームアプローチを「想定外だった」とし、「日本は誇りと哲学を放棄した」と断じたのである。
 
「実にドラマチックな展開で韓国がファイナルを制した。延長戦に入ってそれぞれソン・フンミンのお膳立てにより、イ・スンウとファン・ヒチャンが日本のゴールをこじ開け、敵の反撃を1点に食い止めた。大苦戦を強いられたわけだが、それは日本の戦法があまりにも想定外だったからだ。韓国は今大会でマレーシア、キルギスタン、ベトナムといった極端に守備的な戦法のチームと戦ったが、まさか日本までもがそんなスタイルで臨んでこようとは予期していなかった。日本は確固たる哲学を持っている国だろう。ディフェンスラインからしっかりパスを繋ぎ、どんな時でも攻撃的に振る舞う。パスサッカーは彼らの代名詞だったはずだ。その誇りと哲学を放棄してきたのである」
 
 ただ同紙は、U-23世代を中心にオーバーエイジ枠もフル活用している韓国とは異なり、日本は2年後の東京五輪を見据えたU-21世代で戦ってきた事実も紹介している。そのうえで、「ならばなおさら哲学を貫くべきだろう。同じようにU-21世代だったイランとバーレーンはあんな守備的な戦いはしなかった」と論じつつ、「しかしこれは韓日戦。結果こそが最優先される戦争だ。日本が本来のスタイルをかなぐり捨てて結果を求めたのは致し方ないところか」と記した。

 
 いずれにせよ、「韓国はその予期せぬ展開に面を食らった」という。「ノーマルタイム90分間は終始ボールを支配したが得点は奪えずじまい。強力なチームの11人全員が守備に専念すれば、容易くゴールは割れないものだ」と綴る。そして最終的には「韓国の選手たちはそれでもいっさいロングボールは蹴らず、冷静にスタイルを貫いた。そうした両国の信念の違いが、延長戦に入って明暗を分けたのだ」と言い切った。

参照元:スポーツ・ソウル
【関連記事】
金メダルで歓喜に沸く韓国イレブン…ガンバのエースは静かに日本ベンチを訪れた
【セルジオ越後】日韓戦の敗因は“ピッチ外”のコミュニケーション不足!! 会長はJリーグともっと話せばいい
「最高のモデルじゃないか!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがアイドル顔負け写真で登場!
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ