• トップ
  • ニュース一覧
  • 堂安律は“ガンバブルー”でなく“サムライブルー”で大阪凱旋!代表デビューへ準備万端!?

堂安律は“ガンバブルー”でなく“サムライブルー”で大阪凱旋!代表デビューへ準備万端!?

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月10日

「コンビネーションからの得点も期待してもらっていい」

雨中でのトレーニングとなった大阪初日。しかし堂安は「日本に来てまだ5、6日ですけど、一番楽しめたトレーニングだった」と振り返った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保一監督率いる日本代表は9月9日、大阪府内で、11日のコスタリカ戦に向けてトレーニングを行なった。7日に札幌で実施される予定だったチリ戦は、前日の地震の影響で中止となったため、コスタリカ戦が森保体制での初陣となる。
 
 練習後の取材で、「充実した内容でした」と笑顔を見せたのは、20歳にして代表に初選出されたMF堂安律だ。
 
「個人的に大阪で気分が晴れたのか、少しコンディションも上がってきて、すごく楽しめたトレーニングでした」
 
 兵庫県の尼崎市で生まれ、中学時代からガンバ大阪の下部組織で育った堂安にとって、大阪は特別な地。古巣のホームスタジアム「パナソニックスタジアム吹田」で代表デビューとなれば想いは格別だろう。今から一層気合いが入っている印象だ。
 
「ヨーロッパのほうが点を取っていますけど、ただここでの感覚は良いです。今日のトレーニングの雰囲気とか、芝生の感じとか、匂いとか、そういうものも含めて、帰ってきたなという感じがします。試合が終わってしまうと寂しいんでしょうけど、今は待ち遠しいです」
 狙うのは当然、いきなりの代表初ゴールだ。そのための準備にも余念がない。
 
「今日の練習では、周りに合わせてもらうようなプレーをしようと思っていました。自分がチームメイトに合わすのではなくて、自分から動き出す。たとえズレても良いから、『俺の動きはこうだよ』と。それがチームメイトともすごく合っていたし、フィーリングも良かった。コンビネーションからの得点も期待してもらっていいです」
 
 自らの特長をチームメイトに理解してもらい、互いに感覚を擦り合わせていく作業も順調に進んでいる様子で、手応えを語っている。
 
 かつて育った地で華々しく “恩返し弾”を決められるか。
「運命と言っていいか分からないですけど。ここで試合をして、多くの想い出が残っている。次は自分が、見に来てくれるサポーターの想い出を残せたらなと思います」
 
 20歳の若武者が意気込んでいる。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】日韓戦の敗因は“ピッチ外”のコミュニケーション不足!! 会長はJリーグともっと話せばいい
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
日本代表での初陣へギラつく堂安律。「戦えない選手はピッチに立つ資格はない」とキッパリ
森保ジャパンの背番号が決定!10番は中島翔哉、初選出の堂安律が背負うのは…
【ネクスト日本代表候補】堂安律が独自の見解を激白!日本サッカーが強くなるには…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ