ユベントス アッレグリ新体制が始動。カンドレーバ、パストーレが新戦力候補に浮上

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年07月17日

ミラン時代に取り沙汰されたピルロとの確執は否定。

電撃辞任したコンテの後を受け、ユーベの新監督に就いたのがこのアッレグリだ。急ピッチでチーム作りを進める。 (C) Getty Images

画像を見る

 アントニオ・コンテ前監督がプレシーズンキャンプ2日目に電撃辞任したのを受けて、ユベントスは昨シーズン途中までミランを率いていたマッシミリアーノ・アッレグリを新監督に招聘した。
 
 7月16日午後に就任記者会見を開き、すでにトレーニングの指揮も執っている。スタッフは、助監督にカリアリ時代の片腕でミランではGKコーチを務めたマルコ・ランドゥッチが就任、GKコーチにはクラウディオ・フィリッピがそのまま留任し、フィジカルコーチにはカリアリ時代からのパートナーであるシモーネ・フォレッティが就任する。
 
 就任記者会見でミラン時代のアンドレア・ピルロとの確執について質問されたアッレグリは、次のように答えている。
「アンドレアとはいい関係を築いている。私のミランでは常にピッチに立っていたが、故障で離脱せざるを得ず、そこからの復帰に苦しんだ。そのシーズンが終わった後、クラブと私との話し合いで、彼は契約を更新しないという決断を下した。幸運なことに、3年後にこうして再び出会えた。彼との間に問題を抱えたことは一度もない」
 
 監督交代に伴って補強戦略も見直されているが、アッレグリはすでに大詰めに達していたアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)とパトリス・エブラの獲得についてはすぐにゴーサインを出した模様。さらにジュゼッペ・マロッタGDは、コンテはあまり乗り気でなかったステファン・サビッチ(フィオレンティーナ)とマウリシオ・イスラの交換トレードも、改めて新監督に提案する見通しだ。
 
 アッレグリは4-3-3、または4-3-1-2の導入を構想しており、新戦力の候補としてウイングにアントニオ・カンドレーバ(ラツィオ)、トップ下にハビエル・パストーレ(パリSG)といった名前が浮上している。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
ユベントスのコンテ監督が電撃辞任! 後任は元ミラン監督のアッレグリか
【移籍市場超速報】A・サンチェスがアーセナルへ、エブラはユベントス移籍が決定
欧州メガクラブ オフの最新動向をチェック|バイエルン編
欧州メガクラブ オフの最新動向をチェック|バルセロナ編
日本代表23人の新たなる戦い――夏の去就動向&ポジション争いを読む

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ