• トップ
  • ニュース一覧
  • 【アジア大会】日本の翼が逞しく羽ばたく!遠藤渓太はいかにして”森保戦術”の肝を担ったのか

【アジア大会】日本の翼が逞しく羽ばたく!遠藤渓太はいかにして”森保戦術”の肝を担ったのか

カテゴリ:日本代表

川端暁彦

2018年08月30日

高い位置で積極的に仕掛け、UAE守備陣を翻弄!

左サイドで存在感を見せた遠藤。積極的に高い位置を取り、与えられたタスクをまっとうした。(C)Getty Images

画像を見る

[アジア大会]U-21日本代表 1-0 U-23UAE代表/8月29日/インドネシア

 29日にインドネシアのボゴールで行われたアジア大会男子サッカー準決勝。日本は西アジアの強豪UAEと対峙していた。中1日のタフな連戦となるなかで、日本の翼が逞しく羽ばたいていた。横浜のMF遠藤渓太だ。
 
「皆よりも試合に出る時間も少なかったし、最初のマッチアップで相手の守備、自分行けるなと思ったところから自分主体に攻められた」
 
 そう胸を張って遠藤が振り返ったとおり、前半からドリブルで勝負して相手を出し抜くシーンが相次ぐ展開となった。元より“森保式戦術”の肝はウイングバックに“個”の勝負を挑ませるシチュエーションを作り出すこと。そこで勝負できない選手がこの攻撃戦術で機能するのは厳しいが、この日の遠藤はまさにそのタスクで輝き続け、サイドの主導権を牛耳った。
 
「ハーフタイムに監督からも(コーチの)横内さんにも攻撃で相手のウイングが下がってきているから、自分が高い位置取れている、攻撃で相手のラインを押し下げろと言われた」
 
 高い位置へ張り出すウイングバックに対して1対1で勝てないのであれば、守備側が採れる解決策のひとつは数的優位を作ること。ただ、これがそもそも難しいのだが(1トップ+2シャドー、さらに逆サイドのウイングバックも前に張っているためだ)、前にいるウイングの選手を戻してヘルプさせるという考え方はある。ただ、これは当然ながら疲れるタスクであり、当該選手の攻撃力を削ぐことにも繋がる。まさに遠藤が1対1で勝つことによって、相手のストロングポイントをも削り落とす効果を生み出していた。
 
 もともと2試合連続の延長戦を勝ち抜いてきたUAEにはチーム全体として疲労感があった。「回復するには十分でなかった」とスコルジャ監督が認めたように、あるいは日本選手たちが「相手は疲れていた」と口々に指摘したように、足が重い。何とか試合をスローテンポに持ち込もうという意思も感じたられた。
 
 だが、そこに快足を飛ばしてドリブルで仕掛けて打開しまくる男がスタートから向かって来たのだから、厄介極まりなかったはずだ。最後の決勝点も、深く押し込んだ状態から遠藤がパス交換で左サイドを切り崩すシーンから生まれている。
【関連記事】
【アジア大会】激闘を制したU-21日本代表。森保監督が決勝の日韓戦に向けて決意表明!
【アジア大会】上田綺世がまたしても殊勲弾!韓国との決勝も「負ける気がしない!」
「日本は脆弱だ!」「負けるわけがない」韓国紙の“森保ジャパン評”が驚くほど手厳しい!
「日本は明らかに焦っていた」UAE紙は母国代表チームに賛辞も指揮官の采配には…
【アジア大会】決勝は史上初の日韓戦! U-21日本代表が上田の”会心の一撃”でUAEを撃破

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ