【アジア大会】上田綺世がまたしても殊勲弾!韓国との決勝も「負ける気がしない!」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月30日

「相手が誰だろうと自分のプレーを曲げない」

準決勝のUAE戦で強烈な一撃を沈めた上田。ラウンドオブ16のマレーシア戦に続く、決勝弾となった。(C)Getty Images

画像を見る

[アジア大会]U-21日本代表 1-0 U-23UAE代表/8月27日/インドネシア
 
 上田綺世がまたしても殊勲弾を叩き込んだ。
 
 アジア大会の準決勝でUAEと対戦したU-21日本代表は苦戦を強いられ、スコアレスのまま試合は終盤へ。拮抗した展開のなかで78分に均衡が崩れた。
 
 64分に投入された上田綺世は渡辺晧太からゴール前でラストパスを受けると、右足を一閃。ボールはバーを叩きながら、ゴールネットに突き刺さった。
 
 24日に行なわれたラウンドオブ16のマレーシア戦に続く、値千金の決勝弾。再び上田がヒーローとなった。
 
 試合後、上田がフラッシュインタビューに登場。「自分の仕事は理解しているつもりなので、それを成し遂げられて良かったと思います」と、UAE戦の活躍に充実の表情を見せた。
 
 続けてゴールシーンを振り返った上田だったが、自身の決勝弾はお膳立てをしてくれた渡辺のおかげだという。

「あのパスで8割以上が決まったゴール。自分は最後のところを仕上げただけで、渡辺選手のパスがあっての得点でした」とし、ゴール前でボールを奪い返してアシストをくれた渡辺に感謝の意を伝えた。
 
 UAEに勝利し、次は9月1日の20時30分(日本時間)から行なわれる韓国との決勝だ。プレミアリーグのトッテナムに所属するソン・フンミンらを擁する宿敵と対戦するが、上田は自信を覗かせている。
 
「相手が誰だろうと自分のプレーを曲げない。自分のやることはひとつ。相手は韓国。オーバーエイジを使って勝ちに来ているチームですが、自分たちは負ける気がしない。対戦しても勝てると思うので、良いコンディションで決勝を迎えたいと思います」
 
 韓国撃破を力強く宣言した上田。重要な局面で結果を残している男は、並々ならぬ意欲で決勝に臨む。
【関連記事】
【アジア大会】激闘を制したU-21日本代表。森保監督が決勝の日韓戦に向けて決意表明!
【アジア大会】決勝は史上初の日韓戦! U-21日本代表が上田の”会心の一撃”でUAEを撃破
久保建英は、具体的に何が凄いのか? 今さら聞けない逸材の真価とは
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ