「ドルトムントに居場所はない」「さよならを言う時」香川真司はやっぱり構想外!? 独紙は今夏退団と予測

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月28日

シャヒンとともに放出候補に

ドルトムントで苦心する香川。はたして、今夏に7年間プレーしたチームを離れるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 やはり日本代表の10番にドルトムントでの居場所はないようだ。

 現地8月26日に行なわれたブンデスリーガ開幕節のRBライプツィヒ戦を4-1と大勝したドルトムント。しかし、その歓喜の中に香川真司の姿はなかった。8月21日のドイツカップに続き、公式戦は2試合連続でメンバー外となっていたからだ。

 今シーズンからリュシアン・ファーブル新監督が就任したドルトムントは、この夏の移籍市場でトーマス・ディレイニーとアクセル・ヴィツェルを補強。中盤に厚みをもたらした。

 クラブの強化が順調に進むなかで、所属7年目となり、ベテランの領域に差し掛かってきた香川は放出候補とされている。一部メディアでは、トルコのベジクタシュが獲得に乗り出していることを報じられ、さらに今月25日には、スペイン紙『el desmarque』が、セビージャが関心を示していることを以下のように伝えていた。

「セビージャはまだ、攻撃の司令塔獲得を模索している。その候補リストには、ドルトムントの29歳、日本人選手のシンジ・カガワの名前がある。セビージャは彼にとても興味を持っており、自分たちの現状と彼が移籍することの重要性について伝えたいと考えているようだ」

 このほかにもリーグ・アンのマルセイユ行きが伝えられるなど、あらゆる情報が錯そうしている香川だが、いずれにしてもドルトムントに残るという選択肢はないようだ。ドイツの全国紙『Bild』は、「2人のスターにさよならを言う時が近づいている」と銘打ち、今後の香川の去就を予測した。

「ドルトムントの人員整理はいまだ終わっていない。まだ、カガワとヌリ・シャヒンの売却が済んでいないからだ。ディレイニー、ヴィツェル、そして再び覚醒しているダフードを重宝しているファーブルのチームに2人の居場所はなく、クラブは今夏の移籍市場が閉じる前に放出したいと考えている。

 カガワへは最近になり、スペインとフランス、そしてトルコのクラブから熱烈なオファーが舞い込んでいると報じられたが、いずれのクラブも同選手と2020年6月までの契約を結んでいるドルトムントを納得させられるだけの移籍金を提示できていない。しかし、近いうちにいずれかと契約を結ぶことは十分に考えられる」

 29歳となり、選手として円熟期を迎えている香川。日本代表を支えるMFは、新たな活躍の場を見出すことができるのか。その去就報道が、いよいよ熱を帯びてきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ