スペイン? フランス? 香川真司に新たな移籍先浮上! ドルトムント・サポ―ターからは賛否両論が

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月26日

「オファーは出していないが、コンタクトは取った模様」

ロシアから帰国した後は休暇を消化してドルトムントに戻り、トレーニングに参加している香川。先週末のDFBカップには帯同しなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 DFBカップ1回戦では、ドルトムントのトップチームに帯同しなかった香川真司。トルコのベジクタシュへの移籍がさかんに取り沙汰されていたが、このたび新たな移籍先が浮上した。リーガ・エスパニョーラのセビージャだ。スペインの地元紙『eldesmarque』が報じている。

「セビージャはまだ、攻撃の司令塔を探している。その候補リストには、ドルトムントの29歳、日本人選手の香川真司の名前がある。セビージャは香川にとても興味を持っており、自分たちの現状と彼が移籍することの重要性について伝えたいと考えているようだ」

 しかし、まだオファーには達しておらず、それはセビージャが他選手にも興味を持っているからだとしている。

「セビージャはリストアップした選手のうち、パリ・サンジェルマンに所属するユリアン・ドラクスラーの獲得に動いているとも考えられる。香川に対しては、オファーこそ出していないが、すでにコンタクトは取ったようだ」


 ちなみに同記事中では、「マルセイユも、香川に興味を持っているクラブのひとつ。しかし、香川はスペインでプレーしたいと考えているようだ」とも報じている。

 様々な可能性が挙げられているが、香川の移籍については、ドルトムントサポーターの間でも賛否両論のようだ。

 同チームのコミュニティー内では、「カガワにとってはいい移籍じゃないか」「彼はとてもいい選手だけど、活躍できる場所を選んでほしい」といった、移籍を容認する声が上がっている。

 しかし、それと同数以上の「カガワの移籍は間違いだろ」「シンジの放出は、チームの弱体化に他ならない。ロイスがまた負傷したら? 今の前線で攻撃が組み立てられるとでも?」といった反対の声も。

 香川自身はロシア・ワールドカップ後に再三、「僕自身がもっとレベルアップするためにも、個人の力を見つめ直したい」と発言していた。その目標を叶えるために、果たして、ブンデスリーガ、プレミアリーグを渡り歩いた29歳は、どの地を選ぶのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ