「チェルシーにはだから行かなかった…」武藤嘉紀が3年前に“ビッグオファー”を蹴った事実とワケを告白

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月25日

なぜ、あの時、マインツ行きを選択したのか?

ニューカッスルでの飛躍を誓う武藤。そんな日本代表ストライカーは3年前にあったチェルシーとのやり取りを明かした。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 今夏にマインツからニューカッスルに移籍した日本代表FWの武藤嘉紀が、かつてチェルシーのオファーを断ったことや、日本人選手のプレミアリーグ移籍について語った。

 武藤はFC東京に所属していた3年前、チェルシーから誘いを受けたが、同時に声をかけてくれていたマインツでプレーすることを選んでいた。加入直後にレンタルで武者修行に出されるチェルシーに移籍するよりも、出場機会が確実に与えられるマインツの方が成長につながると考えたからだ。

 英紙『Telegraph』で武藤は、「チェルシーからオファーをもらったのは22歳の時だった」と、当時の心境を振り返っている。

「当時はチェルシーの監督が本当に自分を望み、必要としてくれていると感じなかった。彼らはポテンシャルのある若手と契約し、レンタルで出して成長させたがっていたと思う。僕はそれよりも自分の成長を助けてくれるクラブに行きたかった。一歩ずつ自分で成長できたと感じていたかった。だからチェルシーには行かなかったんだ」

 そんな日本代表FWを擁するニューカッスルは、26日に行なわれるプレミアリーグ第3節で、そのチェルシーと対戦する。武藤は、「彼らとの対戦は不思議な感じ」と述べている。

「もちろん、チェルシーはファンタスティックなクラブ。本当に強い。彼らとの対戦は不思議な感じがする。ただ、チームとして一つにまとまることができれば、僕も勝つことができる。僕らには本当に勝点3が必要だ。得点かアシストでそれに貢献できたら、素晴らしい週末になる」

 一方で、武藤は肉体的なハンデがあるとされる日本人選手のプレミア挑戦について、「(日本人が)フィジカル面で力がないと言うのは簡単だけど、良いプレーで自分を証明するのが僕らの仕事だ」と持論を展開した。

「日本の選手たちを見て、考えを変えてほしいと願っている。同時に、僕らはそのために十分に良いプレーをしなければいけない。今はニューカッスルが結果を残すことに集中している。そうすればもっと日本での注目や反応があるかもしれない」

 はたして、武藤はピッチ上でのパフォーマンスでファンを沸かせ、因縁のチェルシーを相手に躍動できるのか? その一挙手一投足に注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ