【横浜】デビュー戦で1アシストの久保建英「後半ちょっと疲れで…」と反省の弁も

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年08月22日

敵ボランチも「嫌なポジションを取ってくる」と評価

周囲との連係が深まってくれば、より危険な選手になりそうだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯・4回戦]横浜2-3仙台/8月22日/ニッパツ

 40分にはさっそく決定的な仕事に絡む。自らが放ったCKの流れで、仲川輝人からのパスを受けると、中にいる畠中槙之輔に柔らかいクロスを送り、一時同点に追いつくゴールをお膳立てした。

 横浜の新戦力・久保建英はこの日、3-4-2-1の左シャドーで先発し、横浜デビューを飾る。チームを勝利に導くことはできなかったとはいえ、フル出場を果たし、レギュラー奪取に向けて、まずまずのプレーを見せた。

 特筆すべきは、そのポジショニングだ。わずかなステップで相手のギャップを突き、何度もパスを要求する。対峙する機会が多かった仙台のボランチ・梁勇基は、「やっぱり嫌なポジションを取ってきますね。ちょっと守りづらい選手やった」と印象を語る。

 もっとも、久保のその動き出しに合わせて、パスが届くシーンは決して多くなかった。久保自身も「自分が後半、ちょっと疲れで失速してしまった。そこはもっと体力をつけて、試合に慣れていけばいい」と反省を口にする。

 アシストというひとつの結果は示した。走り出す味方に正確な縦パスを送れば、巧みなタッチで敵をかわすなど、高い攻撃センスを感じさせる場面はいくつかあった。周囲との連係がさらに深まり、ボールが集まってくるようになれば、相手にとってより危険な存在になれるはずだ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【天皇杯PHOTO】横浜 2-3 仙台|久保建英が新天地で先発デビューしアシストを記録するが初勝利ならず!

【天皇杯PHOTO】鳥栖 3-0 神戸|F・トーレスとイニエスタが激突!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ