【J1採点&寸評】広島 1-2 川崎|パトリックも見事な一発を決めるも…首位攻防戦のMOMは2ゴールの小林悠!

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年08月19日

広島――千葉は痛恨のハンドでPKを献上

【警告】広島=千葉(76分)、青山(77分) 川崎=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】小林 悠(川崎)

画像を見る

[J123節]広島1-2川崎/8月23日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 5.5
「1点を取った後に下がりすぎてしまった」とは選手たちが口を揃えた反省の弁。前半は自慢の堅守を見せ、56分に先制するまでは理想的な試合運びだったが……。らしさは十分示すも、首位攻防戦で痛い1敗を喫した。
 
【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 5.5
2失点も22分には裏に抜けた小林のシュートを阻止するなど、反応は悪くなかった。2失点目のPKも触ったが……。
 
DF
33 和田拓也 5.5
阿部、登里の連係に苦しむシーンもあったが、決定機は作らせず。ただ終盤は家長のドリブルに翻弄された。
 
2 野上結貴 5.5
小林の素早い動き出しに後れを取るシーンもあったが、前半は耐えた。それでもCBとして2失点は納得できないだろう。

【広島 1-2 川崎 PHOTO】川崎が小林の2得点で首位・広島を撃破!

 
5 千葉和彦 5
前半終了間際のCKでは車屋のマークを外してしまい、バー直撃のシュートを打たれた。そして77分には痛恨のハンドで決勝点となるPKを献上。
 
19 佐々木翔 5.5
デュエルの強さを活かして前半は川崎のアタッカー陣を封じた。しかし1失点目の場面では前に釣り出され、裏のスペースを使われた。

MF
30 柴﨑晃誠 6(78OUT
守備面ではポジショニングが曖昧になる場面があったが、56分には素晴らしいクロスでパトリックのゴールをアシスト。貴重な働きをした。
 
6 青山敏弘 6
奪ってからのパスが正確で、コンダクターとして存在感を発揮。広島の攻撃の多くは彼を経由していた。
  


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ