2位快走にも浮かない顔…FC東京の大森晃太郎が抱える"悩み"はいつ解消される?

カテゴリ:Jリーグ

佐藤俊

2018年08月09日

歓喜に沸いた神戸戦の後、足早にミックスゾーンを通り過ぎようとした選手がいた

長谷川監督の信頼を得ている大森だが、19試合・0得点と結果を残せていない。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リンスが決めて、4万人を越えたファンを歓喜させたFC東京。神戸との苦しい試合に勝ち、首位・広島にぴったりと喰らいつき、選手たちの表情も明るい。
 
 だが、早々に一人でミックスゾーンに表れ、足早に通り過ぎようとした選手がいた。
 大森晃太郎である。
 
「しっかり最後まで粘って勝てたのはチームにとって大きいですし、こういうゲームを勝つことが上を目指すには必要なんで、ほんまに勝てたのは良かったと思います」
 
 淡々と語る表情には、その言葉とは裏腹に喜びがほとんど見えない。むしろ、なんとなく浮かない感じだ。
 
 試合前、スタメンを見た時、大森の成績を見ると18試合・0得点だった。
 
 大森は今季、新たにFC東京の監督に就任した長谷川健太の声に応えるように神戸から移籍してきた。長谷川監督からは「あいつは何も言わなくても分かっている」と絶大の信頼を得て、その信頼の証として12節まではスタメンでプレーしてきた。
 
 だが、13節の川崎戦と17節の横浜戦はベンチスタート。さらに、19節の鹿島戦は今季初めて試合に出場することができなかった。長谷川監督の求めるハードワークという部分では攻守において貢献しているが、大森のポジションは攻撃的MFである。チャンスメイクだけではなく、ゴールも求められるポジションだ。基本的に信頼は揺るがないにしても、やはり得点ゼロは指揮官とすれば「そろそろ決めろよ」と思うところではあるだろうし、そういう影響からも出番が限られてきているように見える。
 
 今回の神戸戦は、前の鹿島戦に出場できなかった分、大森の気持ちにも期するものがあったのだろう。プレーにアグレッシブさは見えた。だが、フィニッシュについては迷いがあるのか、なかなかシュートに至らない。87分にはドリブルで持ち込み、ボックス内に入る時に自ら決めるシュートチャンスがあったはずだ。だが、そのまま縦に突っ込み、折り返したが得点につなげることができなかった。長谷川監督は身体を揺らしてガッカリしたようなしぐさを見せた。
 
 シュートか、パスか。
 瞬時に判断する際、迷いが見える。本来、思い切りのいいプレーをする選手だが、前への威圧感がなくなっている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ