東福岡が見せた伝統校の強さ! 今季公式戦無敗の難敵を寄せ付けない序盤の試合運びに敵将も脱帽

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月08日

15分の試合運びはパーフェクト。東福岡が盤石の試合運びを披露!

井本の2点目が決まり、喜びを爆発させる東福岡イレブン。3年ぶりの総体制覇に向けて好スタートを切った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 8月7日、インターハイの男子サッカー競技が三重県で開幕した。3年前に夏を制した東福岡は矢板中央と対戦。今季公式戦無敗の難敵を2-1で振り切り、2回戦へと駒を進めた。

 初戦で相まみえた矢板中央(栃木)は、伝統校・東福岡(福岡)にとっては厄介な相手だった。昨冬の選手権でベスト4に入った栃木の上昇株は、堅守と多彩なアタッカー陣を擁する有力校。控えにも流れを変える切り札を多数揃えており、今季のプリンスリーグ関東において、無敗で首位を走る実力は伊達ではない。
 
 対する今季の東福岡は試合の入り方に課題を抱えており、序盤の戦い方を一歩でも間違えれば、相手に飲み込まれる可能性があった。

 その観点を踏まえ、試合のポイントになったのは開始15分の戦い方だ。選手たちもその課題を認識しており、主将の中村拓也(3年)は試合前のアップからチームに変化があったという。
 
「僕たちは試合の入りが悪くて、すぐに失点をしてしまう。ミーティングでもそこは話していた。あとは(雰囲気に飲まれないように)どんどん声を出してやった」

 東福岡は相手の勢いに喰われないように、試合前からいつも以上の声出しで自分たちを奮い立たせた。その効果はてきめんで、立ち上がりから積極的な試合運びを見せる。

 中盤の底を務めた篠田憲政(3年)を軸に伝統のサイド攻撃を展開。両翼の吉岡幸陽(3年)と野寄和哉(3年)が縦を突き、幾度も相手を慌てさせる。

 前半7分には大森真吾(3年)がポスト直撃の強烈なシュートでゴールを強襲。序盤から試合の主導権を掌握し、拮抗した展開が予想された一戦はハーフコートゲームとなった。その直後の14分には主将の中村拓也が後列なショットを突き刺し、東福岡は決めるべき時間帯にしっかりと決め切った。

 以降は少しペースを落とし、後半は相手のアタックに手を焼く展開に。それでも、後半26分に右SB中村拓海(3年)の攻め上がりから、途中出場の井本寛次(3年)がきっちりとネットを揺らして勝負を決めた。

 最後に1点を返されたとはいえ、強豪校らしい試合運びを見せた東福岡。敵将の高橋健二監督も、「経験値の差なのかもしれない。優勝をしたことがあるチームと、4強の壁を越えようするチームの差」と最初の15分の出来も含めて完敗を認めた。
 
 1回戦を突破した東福岡。森重潤也監督も「トーナメントだから第一目標は勝利。(試合の運び方が)勝利に結びついて良かった」と話し、ホッと胸を撫で下ろした。3年ぶりの日本一を目指す“赤い彗星”が、まずは好スタートを切った。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ