【J1展望】鹿島×清水|期待の新CBは好調オレンジ軍団を食い止められるか!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年08月04日

鹿島――永木は左サイドハーフで先発か

故障者/鹿島=レアンドロ、昌子 清水=鎌田、六平、竹内、鄭大世、二見
出場停止/鹿島=なし 清水=なし

画像を見る

J1リーグ20節
鹿島アントラーズ―清水エスパルス
8月5日(日)/18:30/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
今季成績(19試合終了時):9位 勝点26 7勝5分7敗 25得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●3日、クラブのテクニカルディレクターに就任したジーコ氏が来日。翌4日から業務を始動した。
●前節・FC東京戦で、トップチーム昇格3年目の田中が待望のJ1デビュー。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦再開からの15日間で5試合を消化。5戦目となった前節・FC東京戦は、各選手に疲れが見られ、全体の動きは鈍化。1-2で敗れた。
 
 過密日程での連戦。大岩監督はほぼ固定メンバーで臨み、チーム状態を上げてきたが、これが逆に疲労の蓄積につながり、FC東京戦では足枷となった。
 
 前節の低調なパフォーマンスを考慮し、清水戦は各ポジションでメンバーを入れ替える予定だ。最終ラインでは、7月に鳥栖から加入した韓国代表DFチョン・スンヒョンがCBで先発濃厚。“推進力とセットプレーへの期待”という理由で、永木を中盤の左サイドに配置する見通しだ。
 
「いろいろな状況を踏まえて準備したい。『それぞれの役割を踏まえたうえで、しっかりと自分の特徴をアグレッシブに出せ』と伝えた」と指揮官。新戦力などの抜擢で、この連戦を乗り切る構えだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ