さらにバルサ、長友も大絶賛したセネガルの快足19歳SBを獲得! オイペンでは豊川のチームメイト

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月04日

ロシアW杯では日本戦で勝ち越し点をゲット!

そのスピードで日本に脅威を与えた19歳。バルサでどれほどの成長を遂げられるだろうか。写真は日本戦での勝ち越しゴール直後。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月3日(現地時間)にチリ代表MFのアルトゥーロ・ビダル獲得でバイエルンと合意したばかりのバルセロナだが、同時にセネガル代表SBムサ・ワゲの加入も発表している。
 
 公式サイトによると、ワゲは3日にメディカルチェックをパスし、4日から練習に参加する予定だという。契約期間等については、現時点で明かされていない。
 
 まだ19歳のワゲは、豊川雄太が所属するベルギーのオイペンからの加入であり、最初はバルサのBチームに所属し、練習や試合を重ねてトップチームに合流することになる。そのため、ツイッターでの獲得発表も、Bチームのアカウントで行なわれた。
 
 バルサには現在、EU外の選手が、フィリッペ・コウチーニョ、ジェリー・ミナ、新加入のアルトゥール、マウコムと4人所属。すでに登録枠を1人超えているが、ミナは移籍話が進んでおり、コウチーニョは欧州(ポルトガル)国籍を取得することが可能だという。
 
 2016年にカタールのアスパイア・アカデミーからオイペンに加入したワゲは、2シーズンで国内リーグとカップ戦を合わせて23試合、さらにプレーオフで17試合に出場。昨シーズンは4アシストを記録した。セネガル代表では2017年3月に初キャップを刻み、早くも12試合でプレーしている。
 
 ロシア・ワールドカップでも右SBとして全3試合に出場(スタメンは2試合)。日本戦では1-1で迎えた71分、左からのクロスに反応し、素早く走り込んで勝ち越し点を決め、日本を追い込んだ。このゴールでワゲは、W杯における最年少アフリカ人得点者となり、歴史に名を残したのである。
 
 そのスピードを、対面した長友佑都も絶賛し、「必ずビッグクラブへ行く」と太鼓判を押したと当時は報じられたが、“原石”はバルサという最高の環境とリーガの舞台で丹念に磨かれることとなった。
 
 バルサの右サイドといえば、セルジ・ロベルト、ネウソン・セメドらがポジションを争っているが、この先、ここに19歳の快足が割って入ることができるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ