「森保ジャパンは間違いなく弱い!」英誌の熟練記者はそう言って、新指揮官に絶大な期待を寄せる

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2018年07月27日

日本人監督よ、この追い風に上手く乗ってくれ!

日本人監督しては“初めてのケース”。プラストウ記者は森保新監督の手腕に太鼓判を押す。(C)Getty Images

画像を見る

 日本のサッカーが次のステップを踏み出した。西野朗監督からバトンを受けたのは、森保一監督だ。「日本人監督よ、この追い風に上手く乗ってくれ!」と言いたい。
 
 Jリーグは今季で26年目。その期間、ナショナルチームでは加茂周氏、岡田武史氏、西野氏と3人の日本人監督が生まれた。今回の森保監督は明らかにこれまでとはアプローチが異なる。ワールドカップを戦った直後の就任であり、4年後の飛躍を見据えたなかで選ばれた、最初の日本人監督なのだ。わたしはそこにきわめて大きな価値を見出す。
 
 もちろん、外国籍の監督が悪いと言っているわけではない。知識も経験も豊富であるし、彼らが持つ世界最先端のフットボール観から学ぶ点はすこぶる多いだろう。日本のフットボールがなんたるかを突き詰めようとした者もいた。だが、得てして効率的に稼働しないケースが多かった。英語で表現するなら、まさに「Seize the day!」(その日を掴め!)。ときには自信を持って、自分たちの良さも信じたほうがいい。いまはまさに、そのフェイズにある。


 
 
 森保監督については、選手時代から個人的に好感を抱いていた。
 
 あの「ドーハの悲劇」の経験者で、当時のハンス・オフト監督がほかの誰よりも信頼を置き、常に対話していのが森保氏だったと記憶している。三浦知良や中山雅史、ラモス瑠偉、福田正博ら華々しく、個人技にも長けた選手たちと比べれば、どちらかと言うと地味な存在だった。それでもオフトジャパンにおいては、彼の継続的な安定感あるプレーこそが特別な意味を持っていたのだ。チームの要というよりも、チームの根幹を支える絶対的な基盤である。ゲームの流れを読み、なによりフットボールIQが高い。そしてなにより、いつも冷静に振る舞っていた。
 
 指導者としての道も一歩ずつ堅実に歩んできた印象だ。サンフレッチェ広島では、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督をものの見事に支え、表立って前に出ることはなかった。ペトロヴィッチ監督が去ってから、その船を引き継いだわけだが、圧巻のチームマネジメントで黄金期を築くのである。

 ベースを作り上げたのはかならずしも彼ではなかったが、すべてのプロセスに関わっていたからこそ、チームの長所を最大限に引き出せたのだ。
 
【関連記事】
森保式「3-4-2-1」で重宝される有望株は? 1トップは大迫よりも武藤、浅野がハマる!?
「過去最強のベストチームだった」英誌・熟練記者が日本代表の熱闘に感動!【ロシアW杯】
「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出!
「ホンモノの女神だ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが約3か月ぶりに新たな自撮り写真を公開!
「タトゥーのデパートだ!」 米ファッション誌がネイマールらW杯スターの“酷い”入れ墨を特集

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ