宮本新監督が率いるガンバが始動! 練習初日で見えた“大抜擢を受けそうな若手”は…

カテゴリ:Jリーグ

金川 誉

2018年07月26日

「やはり強いガンバでいなければいけない」

さっそく練習初日から熱いメッセージを発した宮本監督。“ツネイズム”を新生ガンバに浸透させられるか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 まさに火中の栗を拾う形で、ガンバ大阪の宮本恒靖新監督が誕生した。
 
 7月25日に非公開で初練習を行なった新指揮官は、その2日前に山内隆司社長から就任要請を受けた心境をこう表現した。

 
「やはり自分がお世話になったクラブ、大きくしてくれたクラブだと思っているので、それに対して、いまこのタイミングで恩返しをしたいと思い、引き受けました。プロ生活のほとんど、育成年代も過ごしたので、(ガンバを)自分の家のように感じていましたし、いまでもそう感じます。やはり強いガンバでいなければいけない」
 
 今季就任したレヴィー・クルピ監督の下で低迷を続けたチームは、シーズン半分を終えて16位。補強の遅れや、元日本代表MF今野泰幸の負傷離脱なども重なり、チームは浮上のきっかけを見出せなかった。そんななかで、クラブはクルピ解任を決断。2017年からU-23チームを率いていた宮本監督は、突如飛び込んできたトップチームの監督就任要請を「目標のひとつにしていたなかで、想像していたタイミングではないのは明らか。それが少し早くなった、と思っています」と冷静に受け止めた。

 
 J3に参戦するU-23で監督としての経験を積んできた新指揮官は、現状のチーム状況を分析。「戦術的にあまり詳しくは言いたくはありませんが、少し個人の自由度が高いプレーが多いので、そういったところを整理できたら」と、攻守においてチームの約束事を整理する方針を示した。この日はさっそく、守備面のテコ入れに着手。ハーフコートを使って守備の陣形を組み、基本的なポジショニングなどを確認したという。
 
 選手たちの自主性を重んじ、細かい戦術指導はほとんど行なわなかったクルピ政権からの方針転換。指導では宮本監督が大きな声を出し、外国籍選手にもポジショニングの確認を徹底させたという。MF倉田秋は「熱いひとなんで。外見はかっこいいですけど」と、クールな見た目とは裏腹に、指導スタイルはあくまで熱いと証言。さらにMF遠藤保仁は「プレーヤーとしても一緒にやりましたし、僕自身は話しやすい。しっかりとコミュニケーションをとってやりたい」と、指揮官の求めるプレーを一日でも早く理解することをポイントに挙げた。
 
【関連記事】
クルピ解任の背景にあった悩み、嘆き、不安… 迷走ガンバに何が起きていたのか?
ガンバを去ったクルピ前監督が悲痛な叫び!「彼らは指揮官のチョイスを間違えた」
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
宮本新体制への期待、フロント不信、危惧する二の舞…ガンバ政権交代にファンは賛否両論!
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ