神童・エムバペの奥深さと看過できない態度。小細工に没頭するのは少しばかり早すぎる

カテゴリ:連載・コラム

吉田治良

2018年07月14日

接触プレーで必要以上に痛がり、相手を挑発するのは…

エムバペの実力に疑いの余地はない。準決勝のベルギー戦でも唸らせるようなプレーを披露した。(C)Getty Images

画像を見る

 準決勝のベルギー戦で改めて確認できたのは、神童と呼ばれる19歳の奥深さだ。
 
 キックオフ直後にいきなり縦へ強引に仕掛けたのは、いわば伏線だったのだろう。
爆発的なスピードに対する相手の警戒心をマックスにまで高めたことで、その後のプレーを実にやりやすくしている。
 
 サイドチェンジのボールをトラップせずにダイレクトで中央へ折り返す、縦に行くと見せかけてカットインから絶妙なスルーパスを送る、いつの間にかトップ下に構えて芸術的なヒールパスで決定機を演出する。
 
 たとえ自慢のスピードを活かせるスペースがなくとも、キリアン・エムバペはいくつもある引き出しの中から、状況に合わせてピタリとはまるアイデアを取り出しては、「これならどうだ?」とばかりにピッチの上に広げるのだ。
 
 豊かな才能は、もはや万人が認めるところだろう。
 
 けれど、その才能に自惚れてはいけない。自分がなんでもできる魔法使いだと勘違いしてはいけない。もちろん、酸いも甘いも噛み分けた大人たちを見下すようなことがあっては、絶対にいけない。
 
 クロアチアとのファイナルを前にそんな警鐘を鳴らしたくなるのは、決勝トーナメントに入って以降のエムバペの態度に、目に余るものがあるからだ。
 
 準々決勝のウルグアイ戦では、クリスティアン・ロドリゲスの手の甲がすれ違いざまに少し腹部をかすめただけで大げさに倒れ、両者が睨み合う乱闘寸前の状況を招いた。
 
 準決勝のベルギー戦では、1-0のリードを守り切りたい終盤に、2人をかわそうと無謀な突破を仕掛けて逆にカウンターを食らい、ポール・ポグバの大目玉を食らっている。
 
 そうかと思えば、アディショナルタイムには露骨な時間稼ぎで相手にボールを渡さず、素知らぬふりでドリブルまでして、怒ったアクセル・ヴィツェルに背中を突き飛ばされている。
 
 ウルグアイ戦とベルギー戦では、いずれも遅延行為でイエローカードを頂戴した。それでもエムバペは悪びれもせず、平然とそれを受け流すのだ。
 
 接触プレーで必要以上に痛がってみせたり、相手を挑発するようにテクニックをひけらかしたりするのは、まさかパリ・サンジェルマンの先輩の悪い影響ではないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ