「ベルギーの弱点を攻略した」「西野監督のミスだ」韓国メディアは賛否両論!ポーランド戦の"時間稼ぎ"が尾を引いたとの声も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年07月03日

『スポーツ・ソウル』は「身体能力の高い相手に弱いという特有の弱点がそのまま現われた」と報道

ゴールを奪った原口(右)と乾(左)。韓国メディアは「両サイドの裏が空き、中盤が薄くなるというベルギーの弱点を攻略した」と分析した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦し、2-3で敗れた西野ジャパン。この結果は、韓国でも大きく取り上げられている。
 
「“2-0→2-3”日本、ベルギーに涙の逆転負け…“8強失敗”」(『韓国スポーツ経済』)
「日本まで脱落…アジア勢、ワールドカップの8強は高い壁なのか」(『スポーツ・ワールド』)
「“後半は守備が焦土化”日本、攻防の末に2-3で逆転負け…ベルギーが劇的な8強進出」(『sportalkorea』)
 
 といった具合だ。試合終了直後からスポーツ紙のみならず一般紙やネットメディアなども速報扱いで報じていたことからも、注目度の高さが伝わるだろう。
 
 試合内容を詳しく分析するメディアも数多い。
 
 例えば、『SPOTVNEWS』は、「“小さくても鋭い”日本はベルギーをどうやって脅かしたか」と報じている。「日本は惜敗したが、勝っていてもおかしくないパフォーマンスだった」と切り出した記事は、日本は前線からプレスをかけてベルギーの攻撃を抑えたとし、選手個々の守備についても、ロメル・ルカクやエデン・アザールを自由にプレーさせなかったと評価。後半に2点のリードを奪ったことについては、「両サイドの裏が空き、中盤が薄くなるというベルギーの弱点を攻略した」として、「日本の戦略は的中した」と伝えた。
 
「勝利は目前だったのに…“衝撃敗”日本、アウェーでの8強はアジア勢にとって依然として未知の舞台」とヘッドラインを置き、日本の課題を指摘したのは『スポーツ・ソウル』だ。
 
 記事は、「日本は一度ボールを持てば確実にシュートまで持っていくパターンでベルギーを苦しめた」と日本の戦いぶりを評価したうえで、ベルギー戦で見えた日本の課題として「フィジカルの克服」を挙げた。ベルギーが65分に高さのあるマルアン・フェライニとナセル・シャドリを投入すると「日本は瞬く間に崩れた」として、3つの失点のうち2つが頭で決められたことを挙げながら、「身体能力の高い相手に弱いという特有の弱点がそのまま現われた」と報じている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ