【橋本英郎】フェアプレー精神が日本を救った。ベルギー戦で観察してほしい「戦術的ファウル」

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2018年07月02日

育成年代に計り知れない効果を与える

両チームの思惑が交錯し、刻々と状況が変わった日本対ポーランド戦。筆者は、フェアプレー精神を大切にしてきた日本サッカーの勝利だと主張する。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 日本代表がグループリーグを突破しましたね!
 
 ここまでは過去最高タイの成績。次に勝てば、新たな歴史に名を残せるわけです。選手たちは、本当の意味でワールドカップを楽しめるのではないでしょうか。こんなにワクワクする試合は、一生に一回あるかないかです。
 
 このシチュエーションを勝ち得たのはやはり、チームとして勝ち抜く力があったからです。今日はポーランド戦について考えていこうと思います。
 
 まずあらためて確認させてほしいのが、ポーランド戦は引き分け、または勝ちでグループリーグを突破できるという条件でした。たとえ負けても、条件付きで突破できる。結果として試合には負けましたが、フェアプレーポイントでセネガルより優位に立っていたため、勝ち抜けに成功しました。
 
 ベスト16進出という結果を得た影響は、育成年代に計り知れない効果を与えるのではないでしょうか。ファウルをするな、イエローカードをもらうなと言っても、無茶なチャレンジをし続ける選手はいます。また逆に、相手を潰すようなファウルを肯定するコーチ、監督もまだまだサッカー界にはいるのです。
 
 ただ日本サッカー協会、Jリーグの取り組みとしては、そのようなコーチングやプレーは排除されていく流れになっています。もしそのような選手ばかりの日本代表チームだったら、ポーランド戦が同じスコアで終わっていたとしても、フェアプレーポイントで負けていたでしょうし、グループリーグ突破は叶わなかったでしょう。
 
 その点からも、日本協会とJリーグが目ざすフェアプレー精神が、この一戦でチームを救ったと僕は考えるのです。短いスパンで見るのではなく、塵(ちり)も積もれば山となるで達成してきたことが形になった。これからの指導方針にも継続して現れてくると思います。

 
 少し、「ファウル」について考えてみます。
 
 普通に悪質なファウルや誰が見ても得をしないファウルが、その際たるものかもしれません。一方で「プロフェッショナル・ファウル」というものもあります。「戦術的ファウル」とも言われます。よく日本に欠けているマリーシア(ずる賢さ)の部分だとして、取り上げられることがあります。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ