「プロとして正しかったか」。日本の時間稼ぎについて問われたベルギーのマルティネス監督の答は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年07月01日

「批判するようなことではない」

日本戦の前日会見に臨んだマルティネス監督。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 2018年7月1日、ロストフ・アレーナで日本戦の前日会見に臨んだベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、日本の“時間稼ぎ”に言及。「ポーランド戦の最後の10分間はパス回しをしていたが、どのような戦略だったか? プロとして正しかったか、それとも間違っていたのか」との質問に対し、次のように答えた。
 
「ワールドカップはやはり目標をめざすこと。監督は重要な決断を下さなければならない。もしこのままで行けば次のステージに進めるのであれば、まったく批判するようなことではないと思います。どんなことをしても勝ちたいと思うことは間違っていない」
 
 この答から察するに、マルティネス監督は西野監督の采配を支持。ワールドカップはなによりも結果が大事、そう主張していた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ