【W杯展望|パナマ×チュニジア】パナマはW杯初勝利を、チュニジアは40年ぶりの2勝目をめざす!

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年06月28日

チームとしての格はチュニジアが上だが。

故障者/パナマ=なし チュニジア=ベン・ムスタファ(GK)、ハセン(GK)、S・ベン・ユセフ(DF)、ブロン(DF)
出場停止/パナマ=ムリージョ(DF)、クーパー(MF) チュニジア=なし

画像を見る

ロシア・ワールドカップ グループG・第3戦
パナマ―チュニジア
6月28日(木)21:00(日本時間27:00)キックオフ/モルドビア・アレーナ(サランスク)

 
 グループリーグ敗退が決まっているパナマとチュニジアの一戦は、前者がワールドカップ初勝利、後者が40年ぶりの勝利を目指す戦いとなる。
 
 大敗を喫したイングランド戦で、重鎮DFのフェリペ・バロイが国民待望のワールドカップ初ゴールを挙げたパナマが次に狙うのは、勝点の獲得。できれば、ドローではなく初勝利といきたいところだろう。

 だが、2戦連続でスタメンに名を連ねていた右SBのマイケル・ムリージョとセントラルMFのアルマンド・クーパーが、このチュニジア戦では累積警告により出場できない。

 チームにとっては大きな痛手だが、彼らに代わって出場機会を得そうなのが、20歳のホセ・ルイス・ロドリゲスと21歳のリカルド・アビラ。ともにベルギーの強豪ヘントのセカンドチームで研鑽を積む左利きの若武者だ。彼らがどの程度戦えるかは未知数だが、この大舞台で得られる経験は、パナマにとって貴重な財産となるだろう。
 
 対するチュニジアは、イングランドから1ゴール、ベルギーからは2ゴールを奪ったことで、CFのワフビ・カズリを中心とした攻撃陣が自信をつけている。確実に勝利を手にするために、パナマ戦ではディフェンス陣のパスミスやセットプレーでの守り方に気を付けたいところだ。

 チュニジアで注目したいのは、今大会初先発が予想されるGKのアイマン・マトルーティ。正守護神のムエズ・ハセン、2番手のファルーク・ベン・ムスタファが相次いで負傷したことで出番が回ってきた、チーム最年長でキャプテンの第3GKだ。
 
 勝てば、1978年大会のメキシコ戦以来となる、ワールドカップでの記念すべき2勝目。相手は格下のパナマだけに、チャンスは十分にある。
【関連記事】
ドイツ敗北を尻目に余裕の首位通過! 「史上最悪のキャプテン」が語るセレソン強さの秘訣は?【ロシアW杯】
韓国メディアが手の平返しの大絶賛!2連敗からのドイツ撃破に「アジアのサッカー史を新しく作る」
ドイツ撃破弾のソン・フンミンに争奪戦勃発!? マンUが獲得に91億円を用意か
「これって現実なの?」ドイツ戦の歴史的勝利にソン・フンミンが大興奮!
「僕たちは問題を抱えていた」失意のフンメルスが悩める胸中を激白!【ロシアW杯】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ