ドイツ敗北を尻目に余裕の首位通過! 「史上最悪のキャプテン」が語るセレソン強さの秘訣は?【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月28日

「史上最悪のキャプテン」は4年で成長!

T・シウバを中心に固い結束を見せるブラジル代表。この盤石の戦いぶりは、決勝トーナメントでも見られるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月27日・モスクワ|グループE セルビア 0-2 ブラジル】

 前回大会の覇者ドイツがまさかのグループリーグ敗退を喫する一方で、サッカー王国はその威厳を見せつけた。

 勝てば決勝トーナメント進出が決まるブラジルは、立ち上がりから攻勢に立ち、ネイマール、ガブリエウ・ジェズス、フェリッペ・コウチーニョらが好連係を見せ、巧みな個人技とパスワークでセルビアの守備網をかいくぐる。

 そして36分、コウチーニョのスルーパスに抜け出したパウリーニョが相手GKウラジミール・ストイコビッチの動きを見極め、冷静なループシュートでゴールネットを揺らした。

 先制したブラジルは、後半にセルビアの反撃を受けながらも、攻撃の姿勢を貫き通すと、69分にCKからネイマールの蹴った絶妙なボールにチアゴ・シウバがニアで頭で合わせ、激闘に終止符を打った。

 盤石の試合内容で今大会2勝目を挙げ、グループ首位通過を果たしたセレソン。そのあまりに良すぎる出来に、選手たちも手応えを掴んだようだ。試合後、地元の有力メディア『O Globo』の取材に「苦しい時を過ごしてきた」と語ったのは、決勝ゴールを挙げたキャプテンのT・シウバだ。

 彼は前回大会、準々決勝のコロンビア戦で累積警告を受け、1-7という屈辱的大差で敗れて『ミネイロンの悲劇』と呼ばれた準決勝のドイツ戦を、スタンドから眺めることしかできなかった。

 当時、「史上最悪のキャプテン」とまで揶揄されたT・シウバだが、その雪辱を果たすべく臨んだ今大会は、ここまで3試合全試合にフル出場。33歳のベテランCBは、存在感の高さを示している。

 チームを決勝トーナメントへ導く一発を見舞ったT・シウバは、自信満々に語っている。

「攻撃を受けた時に相手がどうしたら嫌がるかを、僕は知っている。いま、僕らが戦っている相手は、W杯だから質も高い。そのうえで、相手をどうしたら抑え込めるかを理解できているのは大きいよ」

 指揮官のチッチも、T・シウバをはじめとするチームの成長を誇らしく思うとともに、現チームの強さの秘訣を明かしている。

「我々は期待に反して勝ち残っているわけではなく、力があるから生き残っているんだ。このチームは精神的にも強く、競争のなかで進化している。それが、ピッチ内のパフォーマンスに如実に表われているね」

 前回王者の失態を尻目に、試合を重ねるごとに強くなっている印象も受けるブラジル。はたして、その快進撃はどこまで続くだろうか。決勝トーナメント1回戦の相手は、難敵メキシコだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ