韓国メディアが手の平返しの大絶賛!2連敗からのドイツ撃破に「アジアのサッカー史を新しく作る」

カテゴリ:国際大会

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月28日

勝因は「運動量」と「闘魂」。メキシコ戦よりも19キロ多く走破

ドイツを2-0で撃破した母国代表を「“有終の美”シン・テヨン号の奇跡」と報じた。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのグループリーグ最終戦でドイツに2-0で勝利した韓国。スウェーデン戦とメキシコ戦の2連敗が響き、目標としていた16強進出は達成されなかったが、前回王者を破った快挙は韓国で大々的に報じられている。
 
「戦車軍団を沈没させた“カザンの奇跡”…韓国サッカー、新たな歴史に」(『ヘラルド経済』)
「“最高の異変”が韓国の足の先から…“戦車軍団”ががらがらと崩れた」(『スポーツ東亜』)
「牙の抜けた虎? 270分の結末は“痛快な反乱”」(『sportalkorea』)
 
 といった具合で、この日の勝利を「歴史的快挙」と報じるメディアも多い。
 
 例えば、『OSEN』は、「“有終の美”シン・テヨン号の奇跡…アジアのサッカー史を新しく作る」と報じた。記事は、アジア勢初の記録として、直前のワールドカップ王者を公式Aマッチで破ったこと、FIFAランキング1位のチームに勝利したこと、グループリーグでトップシード国を相手に白星を挙げたこと、ワールドカップでドイツに2点差以上を付けて勝ったことを列挙し、「文字通り韓国を飛び越えアジアのサッカー史に残る大異変だ」と伝えている。
 
 そんなドイツ戦の勝因として挙げられている要素は様々だ。
 
「死ぬほど罵られ世界1位のドイツを破った“韓国の奇跡”」と題した『mydaily』の記事は、ドイツ戦の走行距離がメキシコ戦(99キロ)より19キロ多い118キロに増えたことを紹介しながら、韓国の勝因として「運動量」と「闘魂」を挙げ、「たくさん走ったからパフォーマンスも良くなった」と評価している。
 
 シン・テヨン監督の采配を勝因に挙げたのは、『SPOTVNEWS』だ。「“トリックの勝利”緻密だったシン・テヨン号、ドイツをワールドカップから追い出した」とヘッドラインを置いた記事は、「シン・テヨン監督のトリックに前回王者ドイツが崩れた」と報道。韓国がグループリーグ3戦にいずれも異なる布陣で臨んだことや、ソン・フンミンの勝ち越しゴールをアシストしたチュ・セジョンを投入したことなどに触れながら、「シン・テヨン監督の戦略が90分間、終始的中した」と綴っている。
 
 また、ドイツ戦で殊勲を立てた選手にスポットライトを当てるメディアも少なくない。
 
【関連記事】
「規律なく、力なく、救いようがない」独専門誌が大失態のドイツ代表に強烈ダメ出し!【ロシアW杯】
「奇跡なくとも歴史を変えた!」ドイツ撃破の韓国代表をメディアもファンも大絶賛!
「歴史的大惨事」「黄金期の終焉」史上初のグループリーグ敗退にドイツで怒りと悲観の声が続々
【韓国 2-0 ドイツ|W杯選手採点&寸評】大番狂わせを演じた韓国は軒並み高評価! MOMは神懸かっていた守護神に!!
ドイツ撃破弾のソン・フンミンに争奪戦勃発!? マンUが獲得に91億円を用意か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ