「勝てるゲームだった」司令塔・柴崎岳はセネガル戦ドロー決着に“悔しさ”を吐露

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

「攻守両方に精度を上げていかなければいけない」

乾の同点弾を演出し、自らも積極的にゴール前に絡んだ柴崎。ハイパフォーマンスを披露した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本代表は現地6月24日、グループリーグ第2戦のセネガル戦を接戦の末に2対2のドローで終えた。終始、リードを奪われる苦しい展開となったが、日本は乾、本田が同点となるゴールをもたらし、チームに勝点1を呼び込んだ。最終戦のポーランド戦はグループリーグ突破を懸けて戦う。

 日本の攻撃を牽引した司令塔は、試合後のフラッシュインタビューで開口一番「悔しいですね」と口にした。背番号7の柴崎岳だ。

 さらに柴崎は「勝てるゲームだったと思いますし、その可能性も十分感じるゲームだったので、残念ですけど、最低限勝点1を拾えたのは評価できると思います」と話し、勝利こそ逃したものの、勝点1を得た結果に一定の評価を与えた。

 そして、その悔しさの理由を問われた柴崎は次のように答えた。
「失点の部分を防げなかったのと、得点チャンスを多く作り出せたので、そういったところで決めきれる、攻守両方にゴール前での精度はもっと上げなければいけないと思う」と語り、攻守両面での精度アップを課題とした。

 さらに柴崎は自身のプレーについても「後半はちょっとボールに触る回数が少なかったように思う」と反省点を挙げる。ただ、身体能力の高い相手に対し、「セカンドボールの回収を主にやっていたし、そういうところではよくできたと思う。チームの2次攻撃につながるプレーができたかなと思います」と手応えも感じた様子だ。

 ロングフィードから乾のゴールを演出するなど、司令塔として存在感を発揮した柴崎だが、「1試合1試合、コンビネーションは良くなっている感覚はありますし、それは選手たちも感じていますし、ゴール前に迫る回数が徐々に増えてきているので、そこは継続してさらに良くしていきたい」と、グループリーグ突破が懸かるポーランド戦に向けて、さらなる良化に自信を見せた。

【データで見る】日本×セネガル|詳細マッチスタッツ

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|第2戦はドロー決着! 乾、本田のゴールで2度のビハインドを追いつく!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ