2度のビハインドを跳ね返してのドローに西野監督は不満?次戦に向けて残した言葉は…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

「2度追い付いたので、攻撃では良い成長を出せた」と指揮官は選手を讃えるも…

2度追い付いたが勝ち切れなかったゲームに西野監督は…。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 首位の座を懸けたグループリーグ第2戦の日本対セネガルが、ロシア中部の街エカテリンブルクのエカテリンブルク・アリーナで行なわれた。日本は2度のビハインドを背負う展開となったが、乾貴士と本田圭佑が同点ゴールを奪取。2-2のスコアで試合を終え、グループステージ突破に向けて大きく前進する貴重な勝点1を掴んだ。

 試合後、西野朗監督が試合のフラッシュインタビューに応え、「死力を尽くし、2度追い付いたので、攻撃では成長したところを出せた」と選手たちの奮戦ぶりを讃えた。

 また2度の同点弾に関しても言及。乾の1点目について尋ねられると、「コロンビア戦でも外していて、練習でも外していたけど、うまく修正してくれた」と前回の反省材料をきっちりと微調整してきた点を高く評価した。
 そして、71分に2点目を喫した直後に投入した本田圭佑が、ネットを揺らした点についてはこのように説明。「人もポジションを変えないと(攻撃に)変化が付かない」という意図で背番号4をピッチに送り出していたことを明かした。

 2度追い付き、勝点1を掴み取った日本。ただ、西野監督はインタビュー中に納得のいかない表情も見せている。次のポーランド戦について意気込みを聞かれると、「ただ、勝ちに行きたいだけ」と短くコメントするだけに留めた。

 2度の同点弾以上に試合に勝ちたかった――。そう言わんばかりの悔しさが指揮官の顔には浮かんだ。苦しいゲームのなかで勝点を掴んだとはいえ、セネガル戦の結果には一切満足していないようだ。

【データで見る】日本×セネガル|詳細マッチスタッツ

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|第2戦はドロー決着! 乾、本田のゴールで2度のビハインドを追いつく!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ