金田喜稔がセネガル戦を斬る!「柴崎は完全にブレイクした!あのクロスとフィードは絶品だ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月25日

采配が当たった西野監督は策士だ

交代した本田がゴールと、西野監督の采配は当たった。セネガル対策の準備も素晴らしかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 セネガル戦は日本の試合だった。ゲームをよく支配していて、チャンスも多く作ったし、素晴らしい出来だった。欲を言えば勝ってほしかったけど、同点に追いついたのは自信になるんじゃないかな。
 
 11分にセネガルのマネに先制点を決められたけど、34分に乾のファインゴールで追いついた。あれは乾のツボに入ったね。64分にも、左サイドからループ気味にファーを狙ったシュートがあった。残念ながらポストに当たったけど、ゴールシーンと似た得意な形だっただけに、出来れば決めて欲しかった。
 
 その前の60分にも、右サイドにいた柴崎のクロスから大迫にビックチャンスがあった。あのグラウンダーの絶妙なボールは、柴崎にしかできないスーパークロスだ。なのに大迫は空振りしてしまった。あれを決めていれば、また「半端ない」って大騒ぎされていただろうに。本当に悔やまれるよ。
 いずれにせよ、日本が2失点目を喫したのは、乾と大迫が決定機を逃した後の71分。やっぱり、サッカーはチャンスで決め切らないと、逆にゴールを決められるんだ。セネガルのリズムでもない時に、右サイドからクロスを上げられて、流れたボールをワゲに詰められた。大きなチャンスを逃した後の失点は、もの凄いダメージを食らう。
 
 それでも、本田と岡崎を投入した後の78分、日本は再び同点に追いついた。左サイドの乾のクロスから岡崎がゴール前で潰れて、本田が大事なところで押し込んだくれた。西野監督の采配が見事に当たったよね。
 
 交代策だけじゃなく、セネガル対策も準備していた。前半には相手のFKでディフェンスラインを一気に上げてオフサイドトラップをかけていたし、後半にはセットプレーのサインプレーも読んでカットした。このふたつのシーンを見ると、非公開練習だったカーテンの中では、しっかりとした分析のもとで相手への準備と確認がされていたんだと思う。
 
 この試合前の準備と采配からも、西野監督は策士だと感じたよ。よくチームを整備しているし、守るだけではなく、積極的なディフェンスで慌てずに攻撃へ転じていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ