【セネガル戦のスタメン予想】サプライズがあるなら…。両サイドは右に武藤、左に原口か

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月23日

フィジカル重視ならCBは槙野という選択肢も

ベースは初戦のメンバーだが、いくつかのポジションで入れ替えはありそうだ。

画像を見る

 「ベースは初戦」。6月21日の囲み取材で西野監督が発したこのコメントを頼りにすれば、コロンビアのスタメンでそのままセネガル戦を戦うと、そんな考え方もできる。
 
 ただ、酒井宏樹がコロンビアとは「全然違う相手」と言うように、グループリーグ初戦とは違う戦い方が求められそうだ。CBの昌子源もセネガル対ポーランド戦を見た感想を次のように述べている。
 
「(セネガルは)みんなデカいのに速い。抜いたと思っても、普段出ないようなところに足が出てくる。足が伸びるっていう表現をよくみんなはするけど、本当にそう。(セネガル戦のポーランドの選手たちは)抜いたと思ってもそこから取られたり、そういうのが多かった気がしますね」
 
 やはり、警戒すべきはアフリカ勢特有のフィジカルだろう。その観点からスタメンを選ぶと、CBの一角は槙野智章になる可能性もある。「勝ったチームをいじるな」の格言に従えば、とりわけ最終ラインは変更すべきではなく、予想ではGKも含めコロンビアと同じメンバーにしたが、現代表で屈指のフィジカル能力を誇る槙野という選択肢は捨てきれない。
 
 サプライズがあるとすれば、GKか。コロンビア戦の川島永嗣は足もとが不安定でキンテーロのFKも防げなかった。簡単なシュートではなかったもしれないが、ああいうのをセーブするのが一流のGKであり、その点で川島には物足りなさを感じる。もっとも、4バックとの連係などを考えれば、このタイミングでの変更は無謀にも映るが……。
 
 ボランチは長谷部誠と柴崎岳としたが、少し気になるのはコロンビア戦でだいぶ削られた柴崎のコンディション。セネガル戦ではタイトなマークが想定されるだけに、相手の虚を突く意味では大島僚太を抜擢する手もある。そもそも西野監督も大島には大きな期待を寄せているので、2ボランチの組み合わせがどうなるかは大いに注目したい。
 
 トップ下は香川真司で決まり。本田圭佑は足を打撲しているため、ここで無理をさせる必要はない。コロンビア戦で先制ゴールを決めた香川は良い精神状態にあるはずなので、セネガル戦でスタメンから外す理由が見当たらない。
 
【関連記事】
【セネガル戦はこのスタメンで戦え!!】柴崎岳は今やボランチの序列で長谷部誠を凌ぐか
「セネガルのほうが力は上だが…」仏誌・編集長が日本代表に提唱する勝利への“3つの鍵”
「彼は欧州でプレーしていないの?」ファルカオに競り勝った昌子源に世界から驚きの声!
「これは奇跡の勝利などではない!」英誌・熟練記者が強豪撃破の西野ジャパンをベタ褒め!
【セルジオ越後】番狂わせでもなんでもない。この日のコロンビアなら勝って当然だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ