【ブラジル 1-1 スイス|W杯選手採点&寸評】ブラジルは「勝利の方程式」成立せず…MOMはハードマークのスイスMFに!

カテゴリ:国際大会

井川洋一・サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月18日

得意なスタイルに持ち込んだが…

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

ブラジル・チーム採点 6
立ち上がりこそマイボールがなかなか繋がらず、リズムが出なかったものの、落ち着いてきてからはポゼッションを高めていく。コウチーニョの先制点で楽になってからは完全に試合を掌握。相手にボールを持たせて、堅守から切れ味抜群のカウンターを狙い、得意なスタイルに持ち込んだ。しかし、やや不運なかたちで追いつかれると、計20本ものシュートを放ちながら、相手の気迫溢れる守備もあって追加点は奪えず、引き分け発進となった。

ブラジル選手採点
GK
1 アリソン 6
前半はあまり出番がなく、後半の失点シーンは至近距離からのヘディングでノーチャンス。その後も落ち着いた対応でセーブも披露し、危ないシーンはほとんどなかった。
 
DF
14 ダニーロ 5.5
序盤は相手のコンビネーションに苦戦し、裏を取られるシーンも。ボールが回ってくれば、確実にポゼッションを高めたが、自分が欲しいタイミングでもらえないこともあった。
 
2 チアゴ・シウバ 6
落ち着いたカバーリングとチャレンジはさすが。強くて正確なパスで攻撃の起点にもなり、ツバーのシュート性の強いボールを至近距離から顔面で受けるなど、身体も張った。46分のCKからのヘッドは決めたかったはず。
 
3 ミランダ 5.5
失点シーンでは相手のプッシングがあったものの、得点者のマーカーだったことには変わりない。あの程度の競り合いは、ファウルの対象にならないと判断された。その後は1対1で綺麗にボール奪取したり、最終盤にボックス内で惜しいシュートを放ったりした。
 
12 マルセロ 6・5
バックヒールのパスなど、トリッキーな足技を存分に見せ、コウチーニョ、ネイマールとのコンビネーションで左サイドを崩した一方、珍しく雑なパスも散見された。引き分けスタートに、主将の責任を感じているか……。
 
※MAN OF THE MATCH=当ウェブが選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【データで見る】ブラジル×スイス|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ