「“カガワと仲間たち”が輝きを放つ!」独専門誌が日本代表を手のひら返しの大絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月15日

コロンビア戦で脅威となり得る最強ウェポンとは?

FIFAの公式フォトセッションで決めポーズを披露する香川。背番号10はコロンビア戦で面目躍如の活躍を見せてくれるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 パラグアイ戦の快勝劇は、世界のメディアの評価にも微妙な変化を与えたようだ。
 
 すでにロシアでのキャンプ地となるカザンに入った日本代表。主将の長谷部誠も「みんな笑顔です」とポジティブな空気を感じており、ここにきて上昇ムードが漂う。本番前最後のリハーサルとなった火曜日のパラグアイ戦は、内容と結果を伴う4-2の勝利。西野朗監督にとっての初白星で、ガーナ戦、スイス戦と続いていた悪しき流れをひとまず断ち切った。
 
 他の欧米メディアと同様に、スイス戦の論説で日本を酷評していたのがドイツのサッカー専門誌『Kicker』だ。「ワールドカップに向けて明るい展望がまるで描けない完敗」と記し、グループHの勝ち抜け予想でもコロンビア、ポーランド、セネガルに続く最下位の評価。ところが、パラグアイ戦後の同誌はまさに手のひら返し。好意的なインプレッションを示したのだ。
 
「ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の突然の更迭から2か月、日本代表と日本サッカー協会はファンからのバッシングを浴び、逆風に晒されてきた。だがパラグアイ戦の初勝利で風向きが変わったのだ。溜飲を下げ、選手たちにも明るい表情が戻った。もともとチームを構成する選手たちの経験値に疑いの余地はない。登録メンバーにはシンジ・カガワ(香川真司)やユウヤ・オオサコ(大迫勇也)ら7人のブンデスリーガ所属選手がいて、海外でプレーする選手の数は過去最多。28.2歳の平均年齢が高いと批判されているが、これもひとつのアドバンテージと見ていいはずだ。23人すべてのキャップ数を足せば1035試合にのぼる。尋常ではない数字だろう」

 
 そしてパラグアイ戦で西野監督は“思い切った策に打って出た”と評している。
 
「日本はパラグアイ戦で守備面の再構築を図り、攻撃の形にも手を加えるなどいくつかの変化を施した。本来はサイドプレーヤーではないヨシノリ・ムトウ(武藤嘉紀)を右に置いたのも珍しい。際立っていたのはカガワとフランクフルトで名を上げたタカシ・イヌイ(乾貴士)のコンビネーションで、ふたり合わせてチームの全4得点中3得点を叩き出した。最高のウェポン(武器)を見出したのだ。コロンビア戦でも脅威となり得るはずだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ